PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】「幼児からの科学実験教室」 好奇心伸ばして目指せノーベル賞?!

 3年前から自然科学に加えてプログラミング教育も始めた。「今の子たちが社会人になるころには、共通言語として必要な能力になります」

 9日にノーベル化学賞を受賞した吉野彰さん(71)は子供時代に、便所掃除用の塩酸にくぎをほうり込んで水素が発生する様子を観察していたという(10日付産経新聞記事より)。驚きや気付きは案外、身近な所に“生”で潜んでいる。今の子供たちに伝えたい、科学の豊かさを教えてくれるエピソードだ。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ