PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】ブルースハーモニカ日本一…全盲で車いす、奇跡のミュージシャン 山下純一さん(44)

ハーモニカのワークショップで奏法をアドバイスしながら笑顔を見せる山下純一さん(左) =京都市中京区のライブハウス「モダンタイムス」(永田直也撮影)
ハーモニカのワークショップで奏法をアドバイスしながら笑顔を見せる山下純一さん(左) =京都市中京区のライブハウス「モダンタイムス」(永田直也撮影)
その他の写真を見る(5/7枚)

 体に変調が現れた。右肩が上がらなくなりドラムも満足にたたけなくなった。1年の後半には原因不明の熱が出るようになり、とうとう休学に追い込まれた。完全に失明したのはその2年間の休学中のことだ。そのとき始めたのが、ハーモニカだった。締め切った自室にこもり、布団にもぐってひたすら吹いた。「一番しんどいときに、音楽は捨てられなかったんです」

■音楽だけはフリーダム

 「がっかり感はありましたよ。これから先見えへんのかあと。でもちょっとでも見えたら見ようとするし、どれくらい見えるのか説明もしなければならない。見えなくなった方がある意味、すっきりしました」。盲学校を卒業し2浪して入った大学は、体調不良のため1年足らずで休学を余儀なくされた。視力を完全に失ったのは、その休学中だった。

 2年の休学を経て復学してみると、もう1人視覚障害者が入学し独りではなくなっていた。携帯電話の普及で、誰かを呼ぶ際にいちいち公衆電話まで車いすで行く必要がなくなったことも大きかった。復帰した軽音楽部では1年ではなく4年生として扱われ、上下関係もずいぶん楽になった。そして転機が訪れた。

 大学帰り、通学に使っていたタクシーを待ちながらハーモニカを吹いていると、それを聞いた近所の喫茶店の店主が知り合いのブルース奏者につないでくれた。わざわざ大学に訪ねてきたギタリストは、音合わせを済ませると「わかったオッケー。今度一緒にやろう」と言った。ゲストとして招かれ、ハーモニカ奏者としてデビューしたのは、京都のミュージシャンなら誰もが憧れる老舗ライブハウス「拾得(じっとく)」。そこからさまざまなプロのミュージシャンたちと出会うことになる。

山下純一さん。歩けなくても、足に楽器をつけ軽快なリズムを刻む
山下純一さん。歩けなくても、足に楽器をつけ軽快なリズムを刻む
その他の写真を見る(6/7枚)

 「しんどい時期に何かしらのエネルギーがたまって、ある程度を超えるといいことも起こり始めるんです」。大学在学中から約10年活動したバンド「珍獣王国」でも障害者は1人だった。「音楽ってすごいといつも思っています。音さえ出せれば、みんな同じ土俵でやれる」。ひょんなきっかけであのスティーヴィー・ワンダーとコンサートホールの楽屋でセッションしたのもこのバンド時代だ。平成21年には、国内の障害者ミュージシャンを対象にしたゴールドコンサートでグランプリを取り、25年には過去の同コンサートの受賞者によるグランドチャンピオンシップでチャンピオンに輝いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ