PR

ニュース プレミアム

飲み放題廃止へ 国内最大級の日本酒フェス「にいがた酒の陣」

今年の「にいがた酒の陣」では来場者は気軽にお猪口を差し出してたが、来年は…=新潟市中央区(池田証志撮影)
今年の「にいがた酒の陣」では来場者は気軽にお猪口を差し出してたが、来年は…=新潟市中央区(池田証志撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 新潟県内約90蔵元の日本酒約500種を楽しめる日本酒フェスティバル「にいがた酒の陣」。新潟市内の会場に毎年10万人以上が集まるビッグイベントだが、最大の魅力だった飲み放題制を次回から廃止し、試飲回数券制に移行する。会場の混雑や飲み過ぎを回避するための決断だ。実行委員会は「ゆったりとした空間で安心して楽しんでほしい」と呼びかけるが、地元、新潟市民はどう思っているのか聞いてみた。(池田証志)

ありがたいのですが…

 「差し出されるおちょこにお酒を注ぐだけで精いっぱいです」。大混雑となり殺気立つ会場の雰囲気を嘆くのは、県内のある蔵元の社長。「お客さまと酒づくりについて話すのが難しくなってきました」

 にいがた酒の陣は、県内の蔵元が清酒の品質の高さをアピールする場として、平成16年に始まった。今年3月で15回目を迎え、来場者数は2日間で計14万人を超える。試飲チケット(当日2500円、前売り2000円)があれば、いくらでも飲めるとあって、この日を心待ちにする日本酒ファンが県外から泊まりがけで訪れるほどだ。

 「お客さまが増えるのはありがたいのですが…」と厳しい表情で話すのは、実行委の斎藤俊太郎委員長(麒麟山酒造社長)。実行委が行ったアンケートによると、来場者の最も大きな不満は、時に動けなくなるほどの混雑だった。

 さらに、酔い方も年々激しくなっているという。会場では、ペットボトル入りの水を配るなどの対策を講じているが、飲み過ぎてしまう人が後を絶たず、看護師が待機する休憩室も大盛況。救急車の出動も“恒例行事”となってしまった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ