PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】GPS役たたず、相棒を食べ…生か死か80日間「極夜行」 探検家・ノンフィクション作家、角幡唯介さん(43)

グリーンランドでの角幡氏(角幡唯介氏提供)
グリーンランドでの角幡氏(角幡唯介氏提供)
その他の写真を見る(1/6枚)

 太陽が出ない厳冬期のグリーンランドを約80日間にわたって歩き「極夜行(きょくやこう)」を著した。同作は昨年、新設されたノンフィクション本の大賞を受賞、大佛次郎賞にも輝いた。「白夜と反対の世界、極夜に関心があった。暗闇とは何なのか本質をつかみたかったのです」。酷暑の東京で、思索する探検家に会った。(聞き手 編集委員・坂本英彰)

■暗闇はいずり恐怖と対峙

 角幡唯介氏は待ち合わせの公園に、膝丈ズボンとサンダル履きで現れた。日焼けした四肢は修行僧のように無駄な肉がない。落ち着いた目の前の人物と饒舌(じょうぜつ)な文体に、隔たりを感じた。「極夜行」は「システムが支配する日常世界からの脱出」を掲げて臨んだ。高尚な理念とは裏腹に〈美しすぎる八戸市議みたいな光景〉など、通俗的な表現が多い。そのせいか、週刊誌のようにすらすらと読めるのだ。

 「文章は可能な限りふざけた表現を意識して使っていました。闇とか光とか崇高なことを崇高に書くと宗教っぽくなるでしょ。まじめな内容をどう崩して表現するかを考えたのです」。思いがけない説明だった。抽象的な内容に読者を引き込む技法だったのだ。

膝丈ズボンで現れた角幡氏。「暗闇の本質をつかみたかった」と話した=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
膝丈ズボンで現れた角幡氏。「暗闇の本質をつかみたかった」と話した=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(2/6枚)

 北緯77度47分、先住民の集落としては世界最北のグリーンランド・シオラパルクをソリを引いて出発し、氷河を登り、氷床を歩き、同じ集落に戻る。北極点を目指すといったわかりやすい探検ではない。闇の世界に身を置くためになぜ、歩き回る必要があったのか。「テントに居続けたら単に『暗かった』で終わってしまうと思う。極夜をはいずり回るように移動し、自分がどこにいるのかもわからないくらいの経験をしないと、暗さの本質はわからないと思ったのです」

「私の命は犬に依存していると強く思った」と話す角幡氏=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
「私の命は犬に依存していると強く思った」と話す角幡氏=東京都千代田区(酒巻俊介撮影)
その他の写真を見る(3/6枚)

 今日の探検家の標準装備であるGPS(衛星利用測位システム)をあえて拒んだ。緯度経度や距離を即座に示すGPSは人間を取り巻くシステムの強力かつ最新の装置で、闇の意味を帳消しにしてしまうからだという。意図的に自らを困難な状況に追い込んだのだ。とはいえ、しっぺ返しは大きかった。何度も襲われた闇夜の暴風雪は、「生存を脅かす」ほどの爆音を立てて迫ってきた。氷の世界で月は必ずしも助けにならず、淡い光は距離感を失わせた。極夜は肉体よりも精神的に人間を追い詰める。「蜘蛛(くも)の糸が切れてしまう感じ。生きて人間界に戻れないのではないかという恐怖によく襲われました」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ