PR

ニュース プレミアム

【ニュースの深層】世界でも注目集まる社会問題「HIKIKOMORI」

 川崎の事件などを契機に、海外メディアからの取材を申し込まれることが増えたというが、「日本だけではなく、あなたの国にも引きこもりはいますよ」と伝えると、驚かれるという。池井多さんは「引きこもりを日本特有のものとして特別視せず、どこにでもある普遍的な現象だと知ることが問題の正しい認知につながる」と力を込めた。

事情の違いも

 日本では、いじめや人間関係などが引き金となることが多い引きこもりだが、海外では、その国ならではの事情が関係していることもある。

 フランスの引きこもり事情に詳しい精神科医の古橋忠晃・名古屋大学学生支援センター准教授は、「以前ならば、攻撃性が外側に向かう暴動などの形をとっていた移民問題や失業、社会的差別などの要因が、現在では内側に向かう引きこもりにつながっているケースがある」と打ち明ける。

 フランスの精神医学を学んだ古橋さんは、現地で引きこもりの実態調査や訪問診療に関わっている。昨年秋にはフランス北東部のストラスブールに引きこもりの相談窓口を開設、指導などの形で関わった。現地の訪問医療制度を活用し、引きこもり本人の自宅を現地の看護師とともに訪ねて対話を重ねている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ