PR

ニュース プレミアム

7万年の歴史を閉じ込めた「年縞」福井の湖底に眠る

45メートルもの長さの年縞のステンドグラス。奇抜な展示は現代アートのようにも見える=福井県若狭町の福井県年縞博物館
45メートルもの長さの年縞のステンドグラス。奇抜な展示は現代アートのようにも見える=福井県若狭町の福井県年縞博物館
その他の写真を見る(1/5枚)

 福井県の名勝、三方五湖のほとりに「福井県年縞(ねんこう)博物館」(同県若狭町)がある。あまり聞き慣れない言葉かもしれないが、年縞とは湖底に堆積した地層のことを指す。三方五湖の一つ、水月湖(すいげつこ)には7万年もの歴史を閉じ込めた年縞があり、「世界標準のものさし」として使われているのだという。

世界最大の厚み45メートル

 今年9月15日に開館から1周年を迎えた同博物館。2階に上がると、約45メートルにわたって100枚のステンドグラスが並べられている。水月湖をボーリングして湖底から掘り出し、凍結乾燥させて樹脂で固めた後に削りだした「年縞」だ。展示の「45メートル」という数字は、実際に湖底に存在する厚さと同じ。世界最大の年縞なのだ。

 通常の地層は何百年、何千年という単位で砂や土、石や火山灰が積み重なってできる。これに対し年縞は、湖沼の底に堆積したものがしま模様に描かれる。

 水月湖の湖底の場合、春から秋にかけて水中のプランクトンの死骸が黒く積もる。生物活動が鈍る晩秋から冬は、鉄分や、大陸からの黄砂が白く残り、1年で黒白の一対のしまが形成される。

 これが7万年もの間、規則的に繰り返されてきた。そのため、積み重なった層を数えていけば年代が判別できる。ある層に植物の葉や火山灰が見つかれば、それがいつの年代なのか分かるということだ。

 この特徴がもたらす恩恵は大きい。水月湖の年縞の各層に含まれる葉の化石について炭素の分析を進めたことで、化石や遺物調査に使われる「放射性炭素年代測定」の精度が大きく高められた。2013(平成25)年には測定に関わる世界的基準に採用され、水月湖の年縞は「世界標準のものさし」と呼ばれるようになった。

規則的に白黒交互に積み重なった年縞のステンドグラス=福井県若狭町の福井県年縞博物館
規則的に白黒交互に積み重なった年縞のステンドグラス=福井県若狭町の福井県年縞博物館
その他の写真を見る(2/5枚)

好条件が重なる

 年縞が形成され始めた7万年前といえば、人類がアフリカ大陸を出て、世界に広がった時代。水月湖の年縞が、人類が歩んできた地球史の解明に貢献することは間違いない。

 では、なぜ水月湖で年縞が7万年前から今まで形成され続けているのか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ