PR

ニュース プレミアム

【政治デスクノート】本当は怖い内閣改造 辞任ドミノで支持率急落の過去も

 ただ、気になることがある。不祥事での辞任は減ったが、不適切な言動の責任を取って、その職を辞する閣僚は増えているような気がする。第3次再改造内閣で辞任した今村雅弘復興相は、東日本大震災の被害を「東北で良かった」と発言。第4次改造内閣で辞任した桜田義孝五輪相は自民党議員のパーティーで「復興以上に大事なのが議員」と発言した。第4次内閣で健康問題を理由に辞任した江崎鉄磨沖縄北方担当相も、国会での対応方針を問われると「北方領土問題に関しては素人」「しっかりお役所の原稿を読ませていただく」などと発言して批判を浴びた。

 7月の参院選後、首相は「期限ありきではないが、私の任期中に何とか実現したい」として、自らの総裁任期である令和3年9月までに憲法改正の国会発議と国民投票を目指す考えを示した。果たして今回の改造内閣は、その思いを実現する礎になるのか。試金石となる臨時国会は来月上旬に始まる。

(政治部次長 小島優)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ