PR

ニュース プレミアム

「D-SHADE」元ドラマーが「ペルテス病」患者支援に団体設立

ファッションショーのオープニングアクトに登場した秋好佑治さん=9月、広島市中区
ファッションショーのオープニングアクトに登場した秋好佑治さん=9月、広島市中区
その他の写真を見る(3/4枚)

各地でチャリティーライブ

 秋好さんは中学生のときにドラムを始め、21歳のときにD-SHADEのドラマーとしてメジャーデビューを果たした。平成12(2000)年に解散したが、現在は音楽芸能プロダクション「adding japan」の会長を務めているほか、歌手やアイドルのプロデュースを手がけるなど音楽活動を続けている。

 今年5月に横浜市で、6月には東京都内でチャリティーライブを開催し、ペルテス病への理解を訴えて、支援の輪を広げていく活動を続けている。秋好さんは「ペルテス病は子供たちもつらいが、家族もつらい思いをする。将来的には難病に苦しむ子供たちにも支援の輪を広げたい。まずは地元・広島でもチャリティーライブを開きたい」と意気込んでいる。

 問い合わせはsuper viewのホームページ( https://www.adding.tokyo/superview )。

ペルテス病を発症し、左足に装具を装着した秋好佑治さん(秋好さん提供)
ペルテス病を発症し、左足に装具を装着した秋好佑治さん(秋好さん提供)
その他の写真を見る(4/4枚)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ