PR

ニュース プレミアム

【ラグビー通信・特別編】元日本A代表監督・林雅人氏に聞く よく分かるラグビー

 --15年大会の日本対南アフリカは劇的でした

 「あの試合の後半両チームの各2つのトライは、それぞれのチームの攻撃スタイルがよく表れていました。南アフリカは、どちらもパワープレー。日本代表のタックルをぶっ飛ばしてトライしていた。一方、日本の一つ目は、ラインアウトから五郎丸(歩)がトライ。二つ目は、スクラムからの連続ラン攻撃で、最後は数的優位を作って遠い方にパスを回してトライ。いずれも、攻撃開始からトライに至るまで、日本は南アフリカの選手のタックルを受けていません。

 パワーのある南アフリカも、走力がありテンポの速い日本のプレーに対しては『そんなに走れないぜ』という感じですね。高校生同士とか、同じ民族同士とかだと分かりにくいかもしれないですが、W杯では、それぞれのチームの特徴は見て分かると思います」

 --ほかに注目すべき点はありますか

 「ラグビーは、結局はトライを相手チームと同じかそれ以上取らないと勝てません。ボールを持って相手陣地に攻めてトライしないと勝てない中で、ポゼッションとテリトリーという言葉があります。

 ポゼッションは、どれだけの時間ボールを保持(アタック)していたか。テリトリーは、敵陣なのか自陣なのか、どこでプレーをしていたか。ボールを持っていてもなかなか敵陣に行けないのが現状で、相手エリアでどれだけプレーできたかが大切になる。

 強いチームになればなるほど、敵陣でプレーできています。この2つを意識すると、試合でどちらが有利かが分かります」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ