PR

ニュース プレミアム

【ラグビー通信・特別編】元日本A代表監督・林雅人氏に聞く よく分かるラグビー

 --ラグビーといえば、スクラムというイメージがありますが、どのようなときに組むものですか

 「プレー中にどちらかのチームが何らかの反則をした際などに、一旦プレーが中断されます。その後のプレーの再開方法として、セットプレーが6種類あり、スクラムはそのうちの一つです。ちなみに、セットプレーでは、攻守が入れ替わってスタートすることが多いですが、セットプレー以外でも、プレー中のミスなどで攻守が入れ替わる場合もあります」

 --セットプレーの6種類について教えてください

 「ラインアウト▽スクラム▽キックオフ▽ドロップアウト▽ペナルティーキック▽フリーキック-の6種類です。

 スクラムは、ボールを前方に落としてしまうなど軽微な反則があった際に起こります。8人で組み、反則していないチームがボールを投げ入れ、身体を押し合ってボールを奪い合います。9割方はボールを投げ入れたチームのマイボールになる傾向にあります。1試合につき6~9回ほど起こります」

 -ラインアウトはどういうときに行われるのですか

 「ラインアウトは、ボールがコート(タッチライン)外に出てしまったときに起こるプレーです。サッカーのスローインと同じですね。最後にボールを触れていないチームがボールを外から投げ入れます。1試合で10~16回ほどあり、非常に多いです。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ