PR

ニュース プレミアム

【大相撲徳俵】前代未聞、台風で15力士遅刻 満員電車で場所入り、過去にはパトカー先導も

 荒天や事故ではなく、勘違いで相撲をとれなかった力士もいる。平成15年秋場所では、序ノ口の取組で対戦する両者がいずれも逆の花道で待機。間違いに気付いた一方の力士が、反対の花道に回ったが間に合わずに不戦敗になった。間違ったまま土俵に上がった力士が不戦勝になった。両者の勘違いが重なって発生した珍事だった。

 ちなみに今場所で遅刻した15人の多くは、後回しになった取組で勝利を重ねた。遅刻者同士の直接対決2番(4人)を除き、11人中9人が白星。きちんと場所入りし、待たされた側の力士にとっては、何とも後味の悪い結果となった。(運動部 浜田慎太郎)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ