PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】群馬 「カルピス」みらいのミュージアム 初恋の味100年を堪能

 圧巻は、14台のプロジェクターを使って発酵の仕組みを視覚的に説明するシアター。まるで貯蔵タンクの中に入り込んだような感覚が味わえ、カルピスの香りが部屋いっぱいに広がる仕掛けも楽しめる。

 ミュージアム開館に伴い、整備されたのが工場の見学コースだ。無数のペットボトルがベルトコンベヤーに乗って整然と運ばれていく様子は壮観で、見学者もしばし見とれるほど。東日本の基幹工場とあって、1日の生産量は「カルピスウォーター」など約300万本にも上るという。

 見学後はお土産を買ったり、試飲コーナーでカルピスを味わったりでき満足度の高い90分間になりそうだ。首都圏から日帰り可能で、「既に予約が埋まりつつある」(広報)ため、早めの予約をお忘れなく。(柳原一哉)

■「カルピス」みらいのミュージアム 群馬県館林市大新田町166 アサヒ飲料群馬工場内。見学無料。休業日は年末年始と指定休日。見学は1日3回で、午前10時、午後1時、同3時からいずれも90分間。各回定員25人。事前予約制。0276・74・8593。ネット予約のURL

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ