PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】石川遼が語る渋野日向子「女子プロっぽくない…」 

 石川自身も同じような経験をした。わずか15歳でツアーを制し、一躍、脚光を浴びた。“ハニカミ王子”フィーバーは“シブコ”フィーバーにも通じるところがあるが、石川自身は「僕は15歳でそういうことになりましたけど、20歳と15歳は全然、違います」という。

 そのうえで「15歳は本当に子供なので、僕は周りからどういう目で見られても、『今日は何を食べますか?』とか何を聞かれても全く気にならなかった。でも、ゴルフ界の大人だったり、ファンの大人の人からすると、大会期間中にスポーツの選手にそういう質問するのはどうなのか、とかそういう声があったのは知っています」と、渋野をめぐるフィーバーにくぎを刺した。

 全英の最終日の18番での強気のウイニングパットと、8月のNEC軽井沢72トーナメント最終日の18番で攻め、ボギーで優勝を逃したプレーを引き合いに出しながら、「今、渋野さんは直感で強気に攻めたのだと思う。前のめりでプレーすることも大事だが、今後は強気だけでないプレーを求められることもあるでしょう」とも語る。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ