PR

ニュース プレミアム

ポスター貼って風評払拭に協力を 福島県が送料負担

福島県が作成したポスターの5連セット
福島県が作成したポスターの5連セット
その他の写真を見る(1/2枚)

 福島県は、自然や歴史、食など魅力を美しい写真で伝える今年度版の「公式ポスター」を制作した。東日本大震災の風評払拭を狙い一昨年から始めた事業で、県では掲示してくれる自治体や企業、飲食店などを全国から募り、無料で配布するだけでなく、送料も県が負担する。こうした取り組みは全国でも珍しいという。(芹沢伸生)

 「来て」「呑(の)んで」「味わって」「住んで」「ふくしま」というシンプルなメッセージに、美しい写真が1枚添えられたポスターが5種類でひと組になる「5連作品」。「福島県クリエイティブディレクター」を務める、東京芸大教授の箭内(やない)道彦氏が監修した。

 絵柄は「呑んで」が全国新酒鑑評会金賞の酒、「味わって」が福島オリジナル米「天のつぶ」で炊いたごはん。そのほかは、猪苗代湖や三春の滝桜、ヤマツツジ、喜多方の街並みなど、福島の代表的な風景写真が採用されている。

 これまでのポスターも同様のコンセプトで作られ、首都圏のJRや都営地下鉄の駅、飲食店などに掲示された。「目についた」「きれいなポスターだ」などと、反響があったことから、一定の効果があるとして事業を継続している。

 今回は県が手がけた5連ポスターに加え、12市町村と連携した「来て」のポスター12種を別に用意。さまざまなバリエーションで貼り出すことが可能になっている。

 事業費は約1200万円で、16万9000枚の作成を予定している。県の担当者は「作ったら終わりではなく、完成したこれからが始まり。全国に広げたい」と意気込む。県広報課によると「行政が作成したポスターの張り出し先を公募し、無償提供するのは珍しい」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ