PR

ニュース プレミアム

【最新電脳流行本事情】天高く馬肥ゆる秋 この本でやせてみる!…つもり ダイエット本ランキング

湊川あいさん作『マンガでわかる痩せる技術』(キンドルの画面から)
湊川あいさん作『マンガでわかる痩せる技術』(キンドルの画面から)
その他の写真を見る(3/4枚)

■ざわつく怠け心

 3位以下は出現数の差が小さく、本選びに難儀したが、『マンガでわかる痩せる技術』はアマゾンの電子書籍サービス「キンドル」で購入できる電子出版のギャグ漫画。スマートフォンでも手軽に購入できるし、サービスを運営するアマゾンの「ノンフィクションマンガ売れ筋ランキング」で1位(9月3日現在)になっていたこともあり、読んでみた。

 「ダイエットなんかしてる暇ないねん」という作者の湊川(みなとがわ)あいさんのダイエット体験記で、2カ月半で8キロという、今の私にも理想的な減量に成功したその方法は「パレオダイエット」。パレオの付いた水着でも着て踊るのだろうか?というのは邪推で、旧石器時代の食生活を採り入れる方法を、そう呼ぶのだという。

 『トロントの-』でも、旧石器時代の生活に触れる部分がある。そのほかにも、加工食品を減量の敵として捉えたり、コルチゾールという物質の増加を抑えることが肝要としたりしている点など、両著には同じような指摘、アドバイスが多くみられる。『トロントの-』の実践本といった感じもした。

 読み進めると、どんなに食生活を見直しても適度な運動が欠かせないことを知り、怠け心がざわつく。そこに、あとがきの《でも、ぜひ今の自分を愛してあげてほしい。太っていようが痩せていようが世界にたった一人のあなただから》という言葉が追い打ちをかけ、ざわつきは頂点に達した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ