PR

ニュース プレミアム

【正論10月号】特集・韓国大統領 迷惑行動も「反日」で英雄気分 産経新聞ソウル支局長 名村隆寛

ソウルの日本大使館前で日本製品の不買運動を呼びかける韓国の高校生ら(共同)
ソウルの日本大使館前で日本製品の不買運動を呼びかける韓国の高校生ら(共同)

 ※この記事は、月刊「正論10月号」から転載しました。ご購入はこちらへ。

 韓国で七月、産経新聞を含む日本メディアのソウル支局や、日本企業の系列会社がある建物にネットメディアを名乗る人物や、大学生らが不法に押し入る事件が続いた。日本政府による半導体材料の韓国への輸出管理強化で、反日感情が高まる中での出来事だ。事件を起こした者は、不法であることも省みず、

自らを英雄視しているかのようにやりたい放題を続けている。

突然の不法侵入と業務妨害

 メディアへの最初の事件があったのは7月18日午前11時半ごろ(日本時間同)。ソウル市内の韓国紙の本社社屋内にある産経新聞ソウル支局に、1階の警備員から電話があった。「『産経新聞と話がしたい。産経新聞にインタビューさせろ』という男らが来ているのだが」という連絡だ。「また抗議か」と思い、仕事中だったこともあり、即座に拒否した。 数分後、支局のドアをたたく音がするや、白い韓国の民族衣装に帽子をかぶったかっぷくのいい70歳ぐらいの男が部屋に入ってきた。30代とみられるビデオカメラを持った男も一緒だった。どうやら警備員の制止を振り切ってやってきたようだ。

 若い方の男は、侵入する前からビデオカメラを回し続けていたとみられる。民族衣装の男は部屋に入るや、「こちらが×××新聞の××階にある産経新聞です」とカメラに向かって勝手に実況中継を始めた。筆者は「出ていってください」「撮影しないでください」と制止しようとしたが、筆者の腕をつかんで逆に遮ってくる。その様子も撮影され続けた。

 男2人の侵入当時、支局には筆者と日本人の同僚記者、韓国人の女性スタッフの3人がいた。とても仕事どころではないし、まず、話がかみ合わないし通じない。らちがあかず、筆者はいったん廊下に出て、同僚記者が一階の警備員を呼びに行った。その間、2人は支局の内部をなめ回すように撮影していたようだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ