PR

ニュース プレミアム

静岡市の名産わさび漬 創業160年の老舗が閉店へ

伝統を感じさせる店頭に立つ6代目の野桜行宏さん=静岡市葵区葵町の野桜本店(田中万紀撮影)
伝統を感じさせる店頭に立つ6代目の野桜行宏さん=静岡市葵区葵町の野桜本店(田中万紀撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 わさび漬け発祥の地である静岡市で、小規模ながら老舗として知られ、根強いファンを持つ「野桜(のざくら)本店」(同市葵区)が今月いっぱいで閉店する。江戸末期、安政5(1858)年の創業から160年。守り続けたのれんを下ろすことになった6代目の野桜行宏さん(46)は「続けたいのに続けられない。経費をまかなう売り上げが確保できない」と肩を落とすが、「会社組織だけは残すので、よい事業継承先が見つかれば『わさび漬の野桜』のブランドだけでも残したい」と存続を模索している。

市民に愛される味

 静岡市のわさび漬けはお茶やサクラエビと並ぶ特産品であり、市民にとっては常に食卓に上る身近な食品だ。

 市のシンボルである駿府城公園の入り口付近には、「わさび漬発祥の地」の石碑が鎮座する。巨大なワサビと漬物樽を形取ったモニュメントは少々シュールではあるものの、わさび漬けがいかに市民生活に密着しているのかうかがい知ることができる。

材料費高騰に加え…

 「閉店」の一報を聞きつけて訪ねた野桜本店は、JR静岡駅から徒歩約20分、茶問屋が軒を並べる通りにこぢんまりと店を構えていた。「わさび漬」「野桜」と染め抜かれた風情あるのれんと旧家のたたずまいは、歴史と伝統を感じさせる。本店以外での店頭販売は行っていない。「不便なところなのに、わざわざ足を運んでくださるお客さまには感謝しかありません」と野桜さん。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ