PR

ニュース プレミアム

消費増税迫る…奥の手は「高回転ずし」くら寿司、スシローの戦術

くら寿司が始めた来店前に商品を注文できるスマートフォンの画面
くら寿司が始めた来店前に商品を注文できるスマートフォンの画面

 「デフレの勝ち組」といわれる回転ずし業界が、コスト削減に奮闘している。回転ずしは、そもそも薄利多売のビジネス。そのうえ近年は、世界的な水産資源の争奪に伴う材料費高と人件費上昇が重しになってきた。「一皿100円」といった手ごろな値段をキープして業績を伸ばすには、業務の効率化が不可欠だ。客の満足感を上げつつ「回転率」をどう引き上げるのか。10月に消費税増税が迫る中、業界2強に位置する「あきんどスシロー」と「くら寿司」が先手を打ち出した。

滞在時間短縮「5分」

 業界2位のくら寿司は、7月から来店前でも客から注文をスマホで受け付けるサービス「スマホdeくら」を一部店舗でスタートした。客が席に着いてから、商品を選んで注文する時間を短縮できる効果を期待。田中信副社長は同月の発表会見で「1皿100円を維持するには、コストの上昇への対応が必要だ」と強調した。

 スマホによる事前注文は9月末までに全約450店舗の6割に当たる約250店に導入する。複数人で来店した客が同時にスマホで注文もでき、店の座席にあるタッチパネルで注文を受け付けるよりも、早く商品が届けられるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ