PR

ニュース プレミアム

【経済インサイド】日比谷に新ホテル JR九州、高級路線で五輪後も集客に自信

ザ・ブラッサム日比谷で最も広い客室「プレミアムツイン」の内観(ザ・ブラッサム日比谷提供)
ザ・ブラッサム日比谷で最も広い客室「プレミアムツイン」の内観(ザ・ブラッサム日比谷提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 一流ホテルが立ち並ぶ東京・日比谷に20日、新たな宿泊施設「ザ・ブラッサム日比谷」(JR九州ホテルズ、松本淳也社長)が開業する。来年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、外国人訪日旅客(インバウンド)の旺盛な需要の取り込みを図ろうと、地元・九州から東京での勝負に打って出る。

東京展開の狙いは?

 「東京五輪後も中間、高級層を狙っていく。集客は心配していない」

 JR九州事業開発本部長の田中龍治専務執行役員は9日、ザ・ブラッサム日比谷19階に整備された会議室で開かれた記者会見で、そう強調した。

 九州地方に拠点を置くJR九州グループが東京に進出する背景には、人口減少や少子高齢化が進む九州地域のみでホテル事業を展開することに対し、「企業の成長、発展に制約が出てくる」(松本氏)との事情があった。そこで、訪日客の需要が高い東京への進出に活路を見いだした。

 同グループが東京で手がけるホテルはザ・ブラッサム日比谷が2件目となる。東京への初進出は2014年、JR新宿駅南口に開業した「JR九州ホテル ブラッサム新宿」(渋谷区代々木)だった。田中氏は「全体の3~4割と見越した諸外国のお客さまが実際には7~8割に上った」と述べ、訪日客を受け入れるホテル事業の東京展開に自信を深めたという。

「鹿鳴館」を連想させる高級路線

 明治時代に連日連夜、政府高官や貴族、外国人が舞踏会などを開いた「鹿鳴館」が鎮座した日比谷。外交の社交場の雰囲気を持たせたという18階の受付、ロビーでは、縦横1メートル四方の巨大な生け花が宿泊客を出迎える。鹿児島県出身の作家が手がけたガラス細工や長崎県佐世保市特産の三川内焼などの作品が「鹿鳴館の艶やかさを漂わせる」(同ホテル)ところが見どころという。

 今回開業するホテルは提供価格を「アッパーアップスケール」と呼ばれる高価格帯に設定。同グループが運営する宿泊施設では最上位ブランドに位置付けた。

 地上27階、地下2階の構造で、20階から最上階が宿泊施設となっている。総客室数225室を擁する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ