PR

ニュース プレミアム

【プロが指南 就活の極意】就活は情報戦 自発的に行動しよう

就活生向けのイベント。情報への意識を高める必要がある
就活生向けのイベント。情報への意識を高める必要がある

 最近は、エントリーシートを人工知能(AI)が採点するようになったり、パソコンやスマートフォンなどから録画・ライブ形式で面接を受けたりと、新しい採用方法が取り入れられています。また選考過程だけでなく、採用全体の動き方も変わってきています。

 例えば、これまでは企業に対して求職者がエントリーするのが一般的でした。一方で、最近は求人サイトに登録されている人材を検索し、企業からオファーする逆求人の採用形態をとる企業も増えてきています。このように採用に至る企業の取り組み方は多様化しているため、学生からすると対策が難しくなっているといえます。

 しかし、内定倍率が100倍を超す企業から内定を勝ち取るには、ベストな対策を見つけ実行する必要があります。そのためにも、まずは就職活動に取り組む姿勢が重要になります。目標を実現する第一歩を踏み出せるかは意識の問題になりますので、まずは意識を高める方法を見つけましょう。手っ取り早いのは以下です。

■自分で意識を高めることができないなら、高められる環境に足を運ぶ

 人は環境に大きく影響されるといわれています。事実、都市部の学生と地方の学生では就職活動に対する意識には大きな差があり、スタート時期も地方の学生の方が圧倒的に遅くなっています。これは早期から動き出す学生が地方に少ないことが一因となっています。このような状況は入ってくる就活情報も遅れて入ってきますので、早期から動いている学生と比べると不利になってしまうのは否めません。自分を律して、一人でも意識を高くしていくことが理想ですが、なかなか難しいのも事実です。

 そのため、周りに流されるのであれば自分を不利にするのではなく有利になるような流され方をしてほしいと思います。就職活動に対して意識が高い人の近くに自分の身を置いたり、就職活動に関する情報が多い場所を訪れたりすることで、意識を高めてほしいと思います。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ