PR

ニュース プレミアム

【野党ウオッチ】国民民主、大荒れの参院選反省会、やじに涙、自民連立案まで

国民民主党の両院議員懇談会であいさつする玉木雄一郎代表=8月2日、東京・永田町の党本部
国民民主党の両院議員懇談会であいさつする玉木雄一郎代表=8月2日、東京・永田町の党本部
その他の写真を見る(1/4枚)

 先の参院選をめぐり、国民民主党が2日に党本部で開いた“反省会”は大荒れの展開となった。立憲民主党への恨み節や、執行部のずさんな選挙戦略への不満が噴出し、自民党と連立政権を目指すべきだとの意見まで飛び出した。次期衆院選に向けて野党共闘のあり方が焦点となったが、そもそも党内で遠心力が働いてしまっている。

現場と執行部の溝が顕在化

 「党本部から無理を押し付けられた! 福岡県連は割れそうだ!」

 トップバッターで発言した城井崇衆院議員(比例九州)は、こう不満をぶちまけた。立民現職が立候補した福岡選挙区(改選数3)で、県連の意向に反して国民執行部が独自候補を擁立したからだ。

 城井氏は「立民系を支援する労働団体から『次の選挙は考えさせてもらう』といわれながら選挙をやり、立民との溝を決定的にした。このような事態を招いたのは党本部であることを明確にしてほしい」と責任を追及した。

 「19万票を取って落選せざるを得なかった。比例代表の戦い方をしっかりと考えてほしい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ