PR

ニュース プレミアム

渋野日向子、レディー・ガガも照準?米マリオットが仕掛ける新世代ホテル

 支持しているのは世界中の「ミレニアル世代」だ。決まった定義はないが、米国で生まれた概念で、子供のときからコンピューターやインターネットに慣れ親しみ、多くの情報に接してきた世代だ。「モノ」の消費よりも、体験を通じた「コト」を重視。画一的でなく多様な価値観を認め、共感できる傾向があるといわれる。

 例えば、有名人をミレニアル世代にあてはめれば、フェイスブックの創業者、マーク・ザッカーバーグ最高経営責任者や世界的人気歌手のレディー・ガガ。ゴルフプレー中に珍味菓子「タラタラしてんじゃね~よ」を食べている姿が人気となったAIG全英女子オープンの覇者、渋野日向子(しぶの・ひなこ)もその年齢層に入る。

米ハイアット、星野リゾートが参入

 ライフスタイル型が日本に登場したのは「顕著に伸びる訪日外国人客」(ホテル業界関係者)が背景にある。

 少子化が進む日本人市場の大きな成長は見込めないが、世界的に見れば若者の旅行消費は伸びる傾向にある。国連世界観光機関(UNWTO)が2017年に公表した調査によると、09年に1900億ドル(約20兆円)だった若年層(15~29歳)の旅行支出は、14年に2860億ドルと約1・5倍に増え、20年には4千億ドルまで伸長する見通し。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ