PR

ニュース プレミアム

【Jリーグ通信】飯倉大樹、マリノス愛を胸に神戸へ「本当に眠れなかった」

 一方、ピッチに立ちたいという、選手として当たり前の思いも抑えられなかった。「神戸にいってマリノスがよかったと思うかもしれないし、神戸でよかったと思うかもしれない。それは引退するまで分からない。自分でアクションを起こして失敗したら受け入れられるし、消極的でいても絶対にいい結果は生まれない」と挑戦を決意した。

 マンチェスター・シティー戦に後半30分から出場して雄姿を披露するとともに、サポーターへ別れを告げた。「神戸での契約年数は精いっぱい頑張る。決めた以上、神戸のためにすべてを出そうと思うし、それでも駄目だったら引退を考える」。神戸に勝利をもたらすために奮闘する飯倉には、たとえ横浜M戦であったとしてもサポーターはこれまで同様のエールを送ってくれるに違いない。(運動部 奥山次郎)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ