PR

ニュース プレミアム

超車社会の群馬 高齢ドライバー事故防止への道遠く

フロントガラスに取り付けられたアイサイトのカメラが前方の危険を把握する(スバル提供)
フロントガラスに取り付けられたアイサイトのカメラが前方の危険を把握する(スバル提供)
その他の写真を見る(1/2枚)

 公共交通機関が未発達な上、冬場は猛烈な北風が吹くといった気象条件もあり、車が生活の足として欠かせない群馬県。そんな群馬でも、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題化するなか、各自治体が先進的な事故防止機能の導入を促す動きが加速してきた。ただ、根本的解決策となる「脱車社会」へはそう簡単に向かいそうにない。(柳原一哉)

免許保有率日本一

 群馬がどれほどの車社会かを示す一つの指標が運転免許保有率。県警によると、平成30年末の保有率は71・5%で全国1位。2位の山梨県に1ポイント弱の差をつけた。

 この日本一は昭和44年から半世紀続いており、その理由は「公共交通機関が十分ではないからでしょう」(県警担当者)という。

 その意見を裏付ける一つがバスの利用率の低さだ。国土交通省の統計をもとに県がまとめたデータによると、群馬の乗り合いバス旅客輸送率は全国最下位となっている。

 県の調査では、バス路線の9割が1時間に1本未満となっており、利用者が増えないのも仕方ないのが現状だ。

スバルのお膝元で

 そんな完成された車社会の群馬でも、東京・池袋で今年4月、旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長が運転する車が暴走し母子2人が死亡する事故を契機に、高齢ドライバーの事故防止装置導入を促す動きが加速している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ