PR

ニュース プレミアム

【湖国の鉄道さんぽ】青函トンネルと同じ 京阪石坂線に存在した第3のレール

びわ湖浜大津と島ノ関間に残る石垣。かつてはこれが湖岸線だった
びわ湖浜大津と島ノ関間に残る石垣。かつてはこれが湖岸線だった
その他の写真を見る(1/3枚)

 北海道新幹線が高速で駆け抜ける青函トンネルと線路のシステムが、かつて同じだった路線が滋賀県内にある。東海道新幹線でも湖西線でもない。大津市の石山寺駅と坂本比叡山口駅を結ぶ京阪の石山坂本線(石坂線)だ。最先端技術を集めた高速鉄道と琵琶湖沿いを走る生活路線と、性格や雰囲気は全く違うが、ひとつの線路をレール幅が異なる列車が走れるようにした「三線軌条」が共通項だ。

 本州と北海道を結ぶ大動脈、青函トンネルは新幹線と在来線の貨物列車が通っている。車両のレール幅が新幹線は1435ミリ(標準軌)、在来線は1067ミリ(狭軌)と異なるため、レールを3本敷いて対応している。これが三線軌条で、1本は共有し、残りの2本で、それぞれのレール幅に合わせている。

 京阪石坂線のびわ湖浜大津駅と京阪膳所駅の間にもかつて三線軌条が存在した。この線の歴史を振り返ってみよう。

 国が狭軌でこの区間に官設鉄道を開通させたのは1880(明治13)年。その後、1913(大正2)年に標準軌の大津電車軌道(現石坂線)が線路を共用するかたちで営業を開始。この時、既存の2本レールの外側にレールを新しく敷設して三線軌条とし、石坂線も官設鉄道も同じ路線を走れるようにした。

青函トンネル本州側入り口付近の三線軌条。手前の線路の奥側にレールが2本並んでいる
青函トンネル本州側入り口付近の三線軌条。手前の線路の奥側にレールが2本並んでいる
その他の写真を見る(2/3枚)

 浜大津駅と近江今津駅を結んだ江若(こうじゃく)鉄道(狭軌)も一時は乗り入れ、3つの鉄道会社の列車が3本のレールを駆使して行き来した時期もあった。昭和44年に国鉄が残っていた貨物営業から撤退し、江若鉄道は廃止されたため、狭軌の列車を通す必要はなくなり、三線軌条は役目を終えた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ