PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】「改憲勢力」の違和感 2/3割れで憲法改正に近付いたのか

その他の写真を見る(1/5枚)

 先の参院選で、報道各社は憲法改正に前向きな「改憲勢力」が国会発議要件を満たす3分の2以上を維持するかどうかに注目し、結果は3分の2に4議席足りなかった。これをもって憲法改正が遠のいたかのような論調もあるが、現実的に実現の可能性を「改憲勢力」という枠組みで考えるのは違和感がある。3分の2割れにより、かえって憲法改正に近づいたとみることもできるからだ。

 参院選は公示前から与党の過半数獲得がほぼ確実視されていたという事情もあり、報道では「3分の2」の成否に焦点が当たった。

 衆参両院の本会議で総議員の3分の2の賛成がなければ、憲法改正を発議(改正項目を国民に提案し、国民投票にかけること)はできない。ただ、改憲勢力と定義されている自民党、公明党、日本維新の会、一部の諸派・無所属議員をひとくくりにして改憲勢力と定義するのは、実態とかなりギャップがある。

 公明党は支持母体の創価学会に慎重論が根強い。山口那津男代表は維新以外の主要野党の賛同が必要だとの立場だ。立憲民主党や国民民主党が反対している限り、公明党も憲法改正に賛成したくないという意味にもなる。自民党の幹部で「公明党は改憲に前向きな勢力」と信じている人はいないのではないか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ