PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】ポスト安倍前哨戦 菅氏、岸田氏に先行も党内に不満

自民党本部で参院選の結果を見守る岸田文雄政調会長=7月21日夜、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
自民党本部で参院選の結果を見守る岸田文雄政調会長=7月21日夜、東京都千代田区(佐藤徳昭撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 先の参院選は自民党の勝利で幕を閉じたが、その裏では「ポスト安倍」をめぐる熾烈(しれつ)な争いが繰り広げられた。代理戦争の様相を呈した広島では、岸田文雄政調会長率いる岸田派(宏池会)の現職が落選する一方、菅義偉官房長官が支援した新人が初当選を果たした。菅氏は兵庫での公明候補の当選もおぜん立てし、今回の前哨戦は菅氏が岸田氏に先行したかにみえる。ただ、その強引な手法は党内に不満も生みつつある。

おひざ元で“敗北”

 8月1日夜、安倍晋三首相(自民党総裁)と岸田氏は東京・新橋の広島風お好み焼き店を訪れた。岸田氏が企画したもので、党の幹部職員らも同席。首相は一般客との写真撮影に応じ、上機嫌だったという。

 2日前の7月30日には岸田氏が官邸を訪れ、首相と40分ほど面会した。2人は平成5年の当選同期。首相は岸田氏を後継候補の1人と期待してきた経緯があり、参院選後もその関係に揺らぎはないかに見える。

 もっとも岸田派内には、次の党役員人事で岸田氏の幹事長就任を期待する向きもあっただけに、ベテラン議員は「あれだけ参院選で負ければ無理だろう」とため息を漏らす。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ