PR

ニュース プレミアム

「好きなものみつけ、心守って」 タレント・中川翔子さん、新刊でいじめ受けた“黒歴史”つづる

学校に行かなくていい夏休みが救いだったという中川さん。「もし青春をエンジョイしていたら、たぶんこの仕事をしていないと思う」(古厩正樹撮影)
学校に行かなくていい夏休みが救いだったという中川さん。「もし青春をエンジョイしていたら、たぶんこの仕事をしていないと思う」(古厩正樹撮影)

 タレント、歌手、女優、声優、漫画家などマルチな活動で子供からシニアまで幅広い世代に人気の中川翔子さん(34)。この数年、自身の中学時代の経験をふまえて「いじめ・引きこもり」のテーマと向き合い多数のテレビ番組に出演、今まさにいじめや不登校で悩んでいる十代に向けて命の大切さを訴えている。8日発売の新刊『死ぬんじゃねーぞ!!』は、そんな中川さんが十代で“死にたい夜”を過ごした先に見つけた気持ちを、文章と漫画で形にしたものだ。

 「私がいじめを受けていたころから20年ぐらいたっているが、いじめはなくなっていない。なんとかしたいとツイッターやブログで発信しても、ネットの情報はすぐに流れてしまう。本なら形に残るし、大人が子供にそっと手渡すこともできる。普段本を読まない子でも読みやすいように、漫画をたくさん描きました」

 地元の公立小学校で漫画やゲームなど自分の好きなものをみんなで仲良く楽しんでいた生活が、私立の女子中学校に進学して一変、中川さんはいじめのターゲットにされてしまう。絵を描いているだけで「キモい」と避けられたり、靴箱をボコボコにへこまされたり…。同級生からの理不尽ないじめ体験の数々が当時の心象風景とともに率直につづられる。

 「泣いたら負けだ。先生に言うのも負けだし恥ずかしい」と自分を鼓舞し、いじめに耐えて学校に通っていたが、本来なら生徒を守るべき先生からないがしろにされ、これを機に不登校となる。

 「原因は1つではなく、ちょっとずつ積み重なっていく。先生の私への対応は、ちょっとずつついていたガラスのひびが最後まで届いちゃった感じ。世の中でもっとひどいいじめに遭っている子もいるだろうし、同じことをされても平気な子もいるかもしれない。でも、傷つき方はそれぞれ違う。私は先生にとどめを刺された感じがした」

 通信制高校に進み、いじめられることはなくなったが、中学時代のいじめで受けた心の傷はなくならず、2度自殺未遂をする。未遂に終わったのは、母親と飼い猫に助けられたからだ。

 不安定な心を抱えた十代の中川さんの転機となったのは、「好きなことブログ」だった。漫画、アニメ、ゲーム、猫、メーク、ジャッキー・チェーン…。自分の好きなこと、うれしかったこと、おいしかったことをひたすら書いて更新した。ブログを見た人から「私も好きです!」「いいよね!」と共感の声が届くようになる。

 「ブログは『中川翔子というのはこういう人だったよ』というのを残す『明るい遺書』のつもりだった。最初はグチも書こうと思ったけど、グチは読んだ人が楽しくないし、自分で読み返しても嫌な気持ちになると思ったのでやめました」

 厚生労働省の「自殺対策白書」(平成30年版)によると、国民全体の自殺者数が減少する中、若い世代の自殺は深刻な状況で、15~34歳の死因の第1位となっている。10~14歳でも1位の悪性新生物(がん)に次いで自殺は2位。本は十代の子供のために書いたが、中川さんは「大人にこそ読んでほしい」とも。

 自身が大人となった今、いじめられ、“黒歴史”と思っていた十代の頃も、「意味があり、未来には笑えるようになる」と感じている。それだけに、今まさに悩んでいる十代には「好きなものをみつけて、自分の心を守ってほしい」と呼びかける。

 「死にたいと思ったときには、とりあえずチョコを食べたりゲームをしたりと、好きなことに気持ちをずらして、なんとか生き延びてほしい。生きていれば、心が震えるぐらいうれしい瞬間にゼッタイ出合えるから」(文化部 平沢裕子)

 なかがわ・しょうこ 昭和60年、東京生まれ。平成16年に始めた「しょこたん☆ぶろぐ」が話題を集める。18年に歌手デビューし、19年に「空色デイズ」でNHK紅白歌合戦に初出場。来年の東京五輪・パラリンピック競技大会に向けた「マスコット審査会委員」なども務める。8月16日にサンシティホール(埼玉県越谷市)で「ファミリーコンサート2019 えほんとうたのせかい」を開催。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ