PR

ニュース プレミアム

【翔タイム!大谷】打撃復活とともに盗塁も増加 走力は調子のバロメーター

 MLB.comでは、「大谷は今季、シーズンが進み、調子が戻るにつれて走塁のスピードが上がってきた。復帰したばかりの5月は秒速26・7フィートと遅かったが、6月は28・4フィートとなり、昨季のスピードに戻っている。彼の打撃と走塁は回復の度合いを示している」と指摘する。

 リハビリが進み、本来の打撃が復活すると同時に、走塁のスピードもますます速くなっているというのだ。今後は盗塁数も増加が予想される。

 エンゼルスは公式HPやツイッターで、大谷が何か記録を残す度に、「彼は投打に加えて走ることもできる」と発信してきた。打って走る。大谷の打席はベンチに戻ってくるまで見逃せない。(運動部 佐竹修仁)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ