PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】佐渡裕さん今夏も被災地へ、鎮魂の演奏会を子供らと 兵庫県立芸術文化センター芸術監督

東日本大震災の津波による犠牲者が眠る海に向かい鎮魂の演奏をする佐渡裕さんとスーパーキッズ・オーケストラ =平成23(2011)年8月、岩手県釜石市根浜海岸
東日本大震災の津波による犠牲者が眠る海に向かい鎮魂の演奏をする佐渡裕さんとスーパーキッズ・オーケストラ =平成23(2011)年8月、岩手県釜石市根浜海岸
その他の写真を見る(1/5枚)

 今年も鎮魂と復興への祈りを音楽に託す夏がやってきた。日本を代表する指揮者で兵庫県立芸術文化センター(西宮市)芸術監督の佐渡裕さん(58)。平成23(2011)年の東日本大震災や、平成28年の熊本地震などの被災地で鎮魂演奏会を続け、訪れた町は延べ50に上る。今年も地元の子供楽団「スーパーキッズ・オーケストラ」(SKO)を率い、岩手県の復興支援音楽祭へ-。国内外での多忙な演奏活動の合間をぬっての被災地行脚だ。その原動力はどこから来るのか、聞いてみた。   (聞き手 編集委員・北村理)

■音楽は心の空白を埋める

 阪神大震災が起きたのは平成7(1995)年。佐渡さんはその2年前に仏・パリのコンセール・ラムルー管弦楽団首席指揮者に就任していた。ちょうど京都で演奏会を指揮した佐渡さんは、被災地に心を残してパリにたつ。「デビューから5年ぐらいの自分に何ができるのだろうという迷いもあった」と胸の内を明かす。

 一方、恩師の小澤征爾さんは惨状生々しい被災地で演奏会を開いた。実は後に結婚した佐渡さんの妻が、避難生活のさなかその演奏会を聞き「音楽の力で笑顔になれた」という。佐渡さんは「音楽だからこそできることはある」と感じ始めていた。

 震災から6年後、心の復興を目指す芸文センターの芸術監督就任を貝原俊民・兵庫県知事(当時)から打診された。「自分にようやく役が回ってきたと非常に興奮したことを覚えている」という。平成17年のオープン後は毎年、阪神大震災の起きた1月に定期演奏会を開催。震災から15年を迎えた22年には、レクイエム演奏会を開いた。

 その翌年の3月11日、東日本大震災が起きる。阪神大震災の被災者に向き合ってきたはずなのに「大津波に町ごと流される無常さに言葉を失った」。実はこの年の5月に念願のベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の公演を控えていたが、譜面を開くこともはばかられた。そんな気持ちを知人の歌手さだまさしさんにぶつける。さださんはこう述懐する。「佐渡さんが電話口で号泣するんですよ。『音楽家は無力だ』と」(25年12月23日産経新聞朝刊インタビューから)。

「東北や熊本の被災地で出会った人たちのことはいつも頭にある」という佐渡裕さん(恵守乾撮影)
「東北や熊本の被災地で出会った人たちのことはいつも頭にある」という佐渡裕さん(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(2/5枚)

 ベルリンでの演奏会は成功。改めて被災地に向き合おうとした頃、岩手県釜石市から1通の手紙が届いた。約2千人が亡くなった大槌湾にある旅館の女将(おかみ)の岩崎昭子さんからだった。手紙には、家族が見つからず多くの住民がさまよう様子とともに「心の空白を埋めることに手を貸してほしい」とつづられていた。8月のお盆を迎える頃、佐渡さんはSKOの32人を率い被災地に向かった。

(次ページ)3日に、警察や自衛隊の音楽隊と一緒に演奏…社会と関わる理由は

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ