PR

ニュース プレミアム

現存天守「最古」は? どこも名乗りをあげない複雑な事情

大天守(真ん中)、乾小天守(左)などで構成される松本城の天守。現存最古となる説がある(松本城管理事務所提供)
大天守(真ん中)、乾小天守(左)などで構成される松本城の天守。現存最古となる説がある(松本城管理事務所提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 日本国内に現存する12天守の中で、「最古」はどこか-。これまで戦国時代の建造として最古とされてきた丸岡城(福井県坂井市)が今年3月、学術調査の結果から江戸時代の1620年代後半以降の建造と判明した。丸岡城が最古ではないとなると、「われこそ最古の天守」と各地の城の関係者が盛り上がりそうだが、そういった声は聞こえない。実は、「最古」はそう簡単には主張できないのだ。

■「有力候補」は松本城だが…

 城郭が形成された築城時期の天正4(1576)年に天守も創建されたという説から「最古」とされてきた丸岡城。今年3月、坂井市教委は酸素同位体年代調査などの結果、建造時期は寛永年間(1624~44)と結論づけた。

 50年近く新しいとなれば、さすがに「最古」ではなくなる。文化庁がインターネット上で公開する「国指定文化財等データベース」によると、新たに最古の候補となるのは松本城(長野県松本市)の天守だ。

 松本城は5層6階の大天守をはじめ、渡櫓(わたりやぐら)、乾小天守(いぬいしょうてんしゅ)の計5棟で構成される壮大な天守群。国宝にも指定されている。このうち乾小天守(いぬいしょうてんしゅ)が、天正20年と文禄元年にまたがる1592年に建造されたとされている。

 だが、松本城管理事務所は「建造年代を断定的に示すことができない。最古とは言い切れない」と慎重な姿勢。実は、天守の建造時期には諸説あるのだ。

その他の写真を見る(2/4枚)

■諸説あり判然とせず

 松本市は平成元年、有識者による懇談会を設けて史料を検討。松本城の天守建造は石川数正、康長親子が城主だった文禄2~3(1593~94)年だとする「公式見解」をまとめた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ