PR

ニュース プレミアム

【環境技術】百貨店で再生エネ100% コスト高は社員の節電で解消

建て替えられる大丸心斎橋店本館。低炭素社会への貢献に取り組む=4月、大阪市中央区
建て替えられる大丸心斎橋店本館。低炭素社会への貢献に取り組む=4月、大阪市中央区

 J.フロントリテイリング傘下の大丸松坂屋百貨店は、低炭素社会の実現に向け、二酸化炭素(CO2)排出量を令和12(2030)年に平成29(2017)年度比40%削減し、令和32年にはゼロを目指す。その一環として今年3月、本社コアビル(東京都江東区)で使用する電力を全て再生可能エネルギーに切り替えた。百貨店事業所では全国初という。

 再生エネ導入に伴うコスト高を解消するため、社員の節電を徹底させたほか、環境に配慮した商品の調達にも乗り出した。

 本社総務部の中村康隆CSR担当部長は「環境配慮は社員への啓蒙(けいもう)活動だけでなく、お客さまや取引先にも理解してもらう必要がある」と話している。

 --本社ビルの電力を再生エネに切り替えた

 「本社ビルでは3月16日から、東京電力の『アクアプレミアム(発電時にCO2を全く排出しない水力発電による料金プラン)』を導入した。これにより平成30年度に213万トンあったCO2排出量はゼロになる。自動車走行時のCO2排出量に換算すると約766キロ分に相当する」

 --今後の展開は

 「低炭素社会の実現に貢献するため、全店舗で再生エネに切り替えていく。第1弾が大丸心斎橋店本館(大阪市中央区)。ESG(環境、社会、企業統治)のフラッグシップ店舗として立て替えられ、令和元年9月のオープン時には関西電力の『水力ECOプラン』を利用、館内で使用される電力がすべて再生エネに切り替わる。旧本館(平成27年度)と比べ令和2年度のCO2排出量は約7000トン削減される」

 --環境配慮に対する社員の意識に変化は

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ