PR

ニュース プレミアム

町工場を元気に 安価で使いやすいソフトで独自の存在感

中小製造業向けの情報共有ソフト「リスタ」を開発したダイヤ精機の諏訪貴子社長=東京都大田区
中小製造業向けの情報共有ソフト「リスタ」を開発したダイヤ精機の諏訪貴子社長=東京都大田区

【経済インサイド】

 精密機械加工など中小企業が、IT(情報技術)やクラウド基盤を活用したソフトウェアを続々と登場させている。中小企業は、納期や見積もりなどの情報管理において、ITを導入するようなお金を掛けることはできない。しかし、大手メーカーから仕事を受注するためには、社内の状況を素早く把握する仕組みが不可欠だ。そこに、安価で使い勝手の良さを追求したソフトのニーズが生まれていた。

 「これができてからは、何度も得意先に携帯電話をかけることがなくなり、『言ったはず』『聞いてない』」といったトラブルがなくなった」。自動車向け金型や治工具などの開発製造を手がけるダイヤ精機(東京都大田区)の諏訪貴子社長が、ノートパソコンを手にこう話した。

 同社は今春、ソフト開発のテクノア(岐阜市)と共同で、中小製造業向けの情報共有ソフト「リスタ」を開発した。名刺を基にした顧客管理や納品日程、掲示板、全社員へのメッセージ、売り上げや不良品発生などの目標値といった情報を一つの画面に集約した。重要な連絡事項は接続開始直後の画面に表示。「確認した」にチェックを入れなければ、次の画面に進めなくしたことで、コミュニケーションの不通を解消した。価格は最初の1カ月は無料で、その後はパソコン1台ごとに月490円(税別)と安価だ。

 諏訪社長は、平成29年11月からNHKで放送されたドラマ「マチ工場のオンナ」のモデルとしても知られる。ダイヤ精機では、もともと大手メーカーのグループウェアソフトを使用していたが、「機能が複雑で、多くの従業員にとっては使いづらいもの」(諏訪社長)だったという。そこで3年前から、誰もが簡単に使えるようなソフトの開発に取り組んできた。

生産現場の情報共有にメリット

 一方、生産現場の情報共有に力点を置いたのが、ものレボ(京都市中京区)の中小製造業向け工程管理ソリューション(課題の解決策)「小ロットスケジューラー」だ。端末画面上の縦軸に部品、横軸に日にちを充てたマス目に作業工程をタッチして入力。そのデータは、クラウド基盤経由で社内のパソコンやタブレット端末、スマートフォンでも共有される。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ