PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】れいわ2氏当選 「20~30年分の議論一気に進めた」

会見に臨む東京都の小池百合子知事=26日午後、都庁
会見に臨む東京都の小池百合子知事=26日午後、都庁

 《7月26日午後2時から都庁会見室で》

【知事冒頭発言】

 「私からは、今日は、5件、ご報告いたします。ファシリティドッグの導入についてのお知らせでございます。来週8月1日(木曜日)から都立の小児総合医療センターでファシリティドッグを本格的に導入するということであります。これは、専門的な訓練を受けたファシリティドッグというワンちゃん、臨床経験のあるハンドラーさんと呼ばれる専門スタッフがペアとなって、小児がんなどの病気で入院している子供さんと、そのご家族を継続的にサポートするものでございます。

 「今回は特定非営利活動法人の『シャイン・オン・キッズ』との共同事業として実施いたします。都内で初めてで、全国では3例目となります。ファシリティドッグの活動ですけれども、病室を訪問して、子供と一緒に遊んだり、院内での検査などに付き添うということで、これらの活動を通じまして、子供の気持ちを落ちつかせたり、怖いなという不安や痛みを軽減する効果があると言われています。具体的にご覧いただきますと、これがアイビーちゃん、雌犬、2歳であります。ラブラドールレトリバーです。アメリカ生まれで、シアトルやハワイの育成施設で約1年4カ月訓練を受けまして来日しております。よって、通じるのは英語だそうです。そして、活発な性格で、かつ人懐こくて、とても賢いワンちゃんであります。子供たちはこうやって犬との触れ合いを大変楽しみにしていると聞いております」

 「私も、再来週8月5日(火曜日)に実際に、このアイビーちゃんの活動、それから、子供たちとどういうふうに接しているかなど、現場を視察する予定にしております。このアイビーには病気と闘っている子供たちと寄り添うことで、子供たちが前向きな気持ちで治療に臨めるように力づける、そういう存在になってほしいと思っております。詳細は、病院経営本部にお聞きください」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ