PR

ニュース プレミアム

【近ごろ都に流行るもの】「#KuToo」の裏で…広がる「足裏」健康志向  

足指をふみしめる力だけでかかとを上げて…。足裏の筋トレを指導する中村格子医師(右)=東京都渋谷区の「Dr.KAKUKOスポーツクリニック」
足指をふみしめる力だけでかかとを上げて…。足裏の筋トレを指導する中村格子医師(右)=東京都渋谷区の「Dr.KAKUKOスポーツクリニック」
その他の写真を見る(1/5枚)

 蒸し暑い夏。女性の下半身をストッキングから解放してくれるフットカバー。でも、脱げやすいのが玉にキズ。靴の中で丸まっただけで、なぜこんなにも不快になるのか? 足裏には全身の立位・歩行バランスをつかさどるセンサーや筋肉が集中し、現代人はその機能が衰えがちという。女性のセクハラ告発「#MeToo」にならって、職場でのヒール・パンプス強要の苦痛を訴える「#KuToo」運動が議論を呼んでいるが、問題の根底には足裏の退化があった!?(重松明子)

 「ふくらはぎに力を入れずに、足指で床を踏みしめる力でかかとを上げてみて」「…難しいですね」

 東京・代官山の「Dr.KAKUKOスポーツクリニック」。院長の中村格子(かくこ)医師が、椅子に座った30代女性に足裏の筋力トレーニングを指導していた。「これができればアーチが整い、ハイヒールでも美しく健康的に歩けます。脚も太くなりませんよ」

 82万部超のロングセラー「大人のラジオ体操」シリーズの著者として知られる中村医師は、自らも7~9センチのハイヒールを愛用している。

 職場での女性に対するヒール・パンプスの強制は性差別だとして先月、禁止する法整備を求めて厚生労働省に署名が提出された「#KuToo」。この運動への見解を求めたところ、「足指や足裏の力が衰えている女性の多さが、根底にあるのでは」と、医師の視点で指摘した。

 「子供の頃から長時間靴を履き、歩くのはフラットな所ばかりの現代生活。足指や足裏の筋力が正常に鍛えられず、縦横のアーチが未発達な人が増えています」

 本来、ハイヒールを履いた状態はバレエのルルベ(つま先立ち)と同じ。「この姿勢が正しく保て、自分の足形に合う靴を選べば苦痛もなく、ハイヒールでもいくらでも歩けますよ」と、軽やかにルルベで横歩きしてみせた。大切な足裏力を鍛えるセルフトレーニング方法は、自著「究極のストレッチ」(日経BP)でも紹介している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ