PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】アカンかった人のバームクーヘン立志物語 クラブハリエ社長兼グランシェフ 山本隆夫さん(47)

「楽をしたくて洋菓子部門に…アカン人でした」と話す「クラブハリエ」山本隆夫社 =滋賀県近江八幡市のラコリーナ近江八幡(永田直也撮影)
「楽をしたくて洋菓子部門に…アカン人でした」と話す「クラブハリエ」山本隆夫社 =滋賀県近江八幡市のラコリーナ近江八幡(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 やわらかく、しっとりとして味わい深いバームクーヘンで人気を集める洋菓子メーカー、クラブハリエ。現在、デパ地下を中心に全国で22店舗を展開し、その勢いは止まらない。平成27(2015)年には本社がある滋賀県近江八幡市にお菓子のテーマパークともいうべき「ラ コリーナ近江八幡」を開業。昨年は約311万人が訪れ、県内一の集客力を誇る施設に。驚くべき成長ぶりだが、同社をここまで育て上げた山本隆夫社長兼グランシェフの半生はさらなる驚きに満ちていた…。   (聞き手 編集委員・岡田敏一)

■老舗の次男坊。ラクするため、逃げて逃げて…

 デパ地下の洋菓子売り場をよく訪れる人なら、誰もが一度は目にしたことがあるはずだ。まるで巨大な丸太のようなバームクーヘンの周りに人だかりができている。一層一層、職人が丹念に焼き上げた丸太をつるし、顧客の目の前でカット販売するという斬新なスタイルが熱狂的に支持され、大人気となった。そんな画期的なビジネスで一躍、時の人になった山本社長だが、意外にも、過去の人生のほぼ半分は「つらいことから逃げ続けてきたアカン日々」だったという…。

 江戸時代に材木商からスタートした老舗の和菓子舗「たねや」の次男。「物心ついた頃から、お菓子の中で生活する環境で育ちました。和菓子部門を継ぐのは兄貴(昌仁(まさひと))氏、現・たねやグループ最高経営責任者)だと分かっていたので、何しようかな~と考えた末、デザイナーになろうかと…」。とはいえ、デザインの道で一旗揚げるつもりは、さらさらなかった。「楽(らく)したかったからです。勉強が嫌で、高校(県立信楽高校)もデザイン科。字より絵が多いから」

 そんなわけで高校時代は「そこそこヤンキーでしたよ」。父親は美大への進学を勧めたが「勉強は絶対嫌やったから、東京のデザイン専門学校に行きました」。ところが卒業を控えた1990年代初頭、バブル経済が崩壊し、就職に失敗する。仕方なく実家に戻り、和菓子の仕事を手伝ったが「栗まんじゅうの焼き加減を見たり、ちまきの葉っぱをタオルで拭いたり…。何でこんなことせなあかんねんと、3日で辞めました」。

やわらかさが自慢、クラブハリエのバームクーヘン
やわらかさが自慢、クラブハリエのバームクーヘン
その他の写真を見る(2/5枚)

 結局「楽できるから、洋菓子部門で働くことにしたんです」。昭和26(1951)年にできた洋菓子部門はまだ小さく、仕事は楽だった。社長の息子でもあり、つらく当たられることもなかった。「夏は昼で仕事を終え、甲子園に野球を見に行ったり、冬はスノーボードに熱中したり」という怠惰な日々が7、8年続いた。「楽するために、逃げて、逃げて、逃げ続けてました。自信持って言えます。アカン人でした」。ところがその後、そんなアカン人生を一変させる出来事が起きる…。

(次ページ)まさかの敗北、赤字も追及されヤンキー魂「洋菓子ヒットさせたる!」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ