PR

ニュース プレミアム

250万部超時代 絶頂期の「りぼん」作品が勢ぞろい

池野恋さんの「ときめきトゥナイト」(C)池野恋/集英社
池野恋さんの「ときめきトゥナイト」(C)池野恋/集英社

 昭和30(1955)年に創刊された少女漫画雑誌「りぼん」(集英社)。平成5(1993)年末には255万部という発行部数を記録し、“乙女のバイブル”として、カルチャーをつくりあげてきたが、その当時の人気を支えていた11作家、16作品の貴重な原画や付録などを紹介する展示会「特別展 りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が東京・新宿で開催されている。出展されている人気漫画家らが、当時を振り返った。 (文化部 兼松康)

最大発行部数も人ごと

 「確かに雑誌全体に勢いがあったような気がしますし、作家さんもお互い全力で頑張っていたと思います」と話すのは、当時、連載中にTVアニメにもなった作品「ときめきトゥナイト」を連載していた池野恋さん。

 とはいっても、雑誌の表紙に書かれていた「最大発行部数○万部!」などという文字を見ても、「へえ、そうなんだ~と人ごとのように思っていた」という。「自分の漫画の他にも、ふろく、表紙、特製品などのカットでとにかく忙しかった。仕事を一つ一つ必死でこなしていくのに精いっぱいで(発行部数の)実感はあまりなかった」と、池野さんは述懐する。

 昭和60年から平成初期にかけて「星の瞳のシルエット」「耳をすませば」「銀色のハーモニー」を連載していた柊(ひいらぎ)あおいさんは「当時はIT革命前で雑誌も元気でした」と振り返る。中でも「りぼん」は、「バラエティーに富んだ作品が載っていて、読者も作家も活気があった」という。

 作家生活を送る中では、「新しい若い人たちが次々と出てきて、世代交代の時期を感じていた」とも話す。個人的には「銀色…」の時期に担当が3人も変わったことが思い出に残る。「中堅、ベテラン、新人と違う世代の担当さんと仕事をするのは面白かったですが、ちょっと落ち着かなかったですね」と話す。

2人だけの“お宝”

 池野さん、柊さんはともに地方在住のまま、漫画家の活動を続けているが、その2人には交流があった。池野さんが明かす。

 「地方に住んでいるので他の作家さんとの交流はあまりなかったのですが、柊先生は家に遊びにきてくれました。そのとき、お互いのキャラクター同士を絡めて、大笑いしながら遊んで描いた4枚のイラストはとても大切な宝物。楽しかった思い出として心に残っています。今もお互い2枚ずつ保管しています」

 そんな2人を含む漫画家陣が、当時のりぼんを牽引(けんいん)していたわけだが、2人はともに謙遜して語る。

 柊さんは「運良く初連載を気に入ってくださる方々が多く、当時としては長く続けることができました。読者の方々と運に助けられて続けてこられました」と振り返る。池野さんも「第一線なんてことはなく、むしろついていくのでやっと」と語る。

 それでも池野さんは「自負というのではありませんが、『ときめき…』がアニメ化されたことをきっかけに、その後のりぼんが盛り上がっていったのではないかな、とほんの少しだけ思っています」と話した。確かに、同作品がアニメ化(昭和57年10月から1年間)された後は、りぼんの発行部数が増えていった時期と合致する。

当時の「ふろく」も

 綺羅星のごとき作家陣によって築かれた、「りぼん」の絶頂期。当時は、今や国民的アニメともなった「ちびまる子ちゃん」のさくらももこさんや、映画化もされた「ご近所物語」や「天使なんかじゃない」を連載していた矢沢あいさん、昨年、実写映画化された「ママレード・ボーイ」や「ハンサムな彼女」の吉住渉さんといった人気作家が連載していた。

 東京の新宿高島屋(東京都渋谷区)11階特設会場で、28日まで開催されている同展では、その他、彩花みんさん(「赤ずきんチャチャ」)▽一条ゆかりさん(「有閑倶楽部」)▽岡田あ~みんさん(「ルナティック雑技団」)▽小花美穂さん(「こどものおもちゃ」)▽椎名あゆみさん(「あなたとスキャンダル」「ベイビィ★LOVE」)▽水沢めぐみさん(「姫ちゃんのリボン」)-と、最大発行部数を誇った平成6年頃に掲載されていた作品を中心にそろえ、その世界観に迫る。

 展示内容は、連載当時の名シーンや原画、当時の「ふろく」など。また、今回の展覧会に合わせて作られたオリジナルグッズも販売される。当時のカルチャーを思い出させる展示で、読者だけでなく、幅広い層も楽しめそうだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ