PR

ニュース プレミアム

【ビジネスの裏側】なぜ身売り?老舗飲食店の損得勘定

その他の写真を見る(1/2枚)

 後継者難に悩む飲食店が、経営を大手企業に託すケースが相次いでいる。経営危機の末の身売りとは異なり、事業拡大に向けて飲食チェーンとのM&A(企業の合併・買収)に踏み切る老舗店も現れた。大手企業の資金をもとに、「のれん」のブランド力を生かす発想だ。地域競争の激しい飲食業界にあって、最近は人手不足と材料費の高騰が経営を圧迫。従来の親から子に後を継がせる「事業承継」のあり方は、様変わりしている。 (山本考志)

「成長のための手段」

 「M&Aは会社を売った、買ったという時代ではありません。会社を成長させるための一つの手段」

 今月17日、大阪市内で開かれた飲食業界の事業承継などをテーマにしたセミナーで、登壇した講師は経営者らにこう力説した。

 セミナーを主催したのは中小企業のM&A仲介を手掛ける「日本M&Aセンター」(東京)だ。同社によると、飲食業を含む食品業界でのM&Aが平成30年に国内で過去最多の158件を記録。トップ数社が市場を独占する銀行やコンビニ業界に比べて、中堅・大手がひしめく飲食業界は買い手が多く、売り手側は好条件を引き出しやすくなっているという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ