PR

ニュース プレミアム

【軍事ワールド】中国の憂鬱 台湾への米兵器売却が意味するもの 

世界最強の呼び声も高い米軍のM1A2戦車。台湾への売却が決まった(米陸軍提供)
世界最強の呼び声も高い米軍のM1A2戦車。台湾への売却が決まった(米陸軍提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 米国が台湾へ最新鋭戦車などの武器売却を決定し、中国の反発を招いている。売却が決まったのはM1A2Tエイブラムス戦車108両や携帯型地対空ミサイル「スティンガー」250発など。台湾を「中国の一部」とみる中国共産党が反発するのは当然だが、台湾と比べものにならない強大な軍事力を持っているのも事実だ。反発の背景には、中国の拭いがたいトラウマがある。(岡田敏彦)

 ■最強の戦車

 売却が決まったM1A2T戦車は、M1戦車系列の最新バージョン「M1A2」の台湾向けタイプとされる。このM1戦車系列は、湾岸戦争やコソボ紛争、イラク戦争などで「最強」を証明した戦車だ。

 M1系列の開発はベトナム戦争後の1973年から始まり、76年には試作車が完成。80年に105ミリ砲を搭載した最初のタイプ「M1エイブラムズ」が正式採用された。次いで120ミリ砲を搭載した発展型にあたるM1A1が開発された。

 主砲弾の装弾筒付き有翼徹甲弾(APFSDS)は弾芯に劣化ウランを採用しており、陸上自衛隊やドイツ陸軍の採用するタングステン弾芯よりも貫徹力が10%以上高いとされる。一般的な装甲(均質圧延鋼板)の場合、距離2キロ先の68センチ厚の装甲を貫く性能がある。第二次大戦時のドイツ・タイガー1型戦車の車体前面装甲が10センチ。戦後のレオパルト1で同7センチ。戦艦大和の主砲正面装甲(防盾)で65センチという数字と比べれば、威力の高さがうかがえる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ