PR

ニュース プレミアム

【一聞百見】歌舞伎俳優・中村鴈治郎さん(60) 大阪の顔、上方歌舞伎に笑いと涙を

 大阪の人たちは、「鴈治郎」という名前に特別な愛着がある。道頓堀で活躍した戦前の名優、初代中村鴈治郎以来、代々の鴈治郎を「がんじろはん」と親しみを込めて呼んできた。そこには大正から昭和初期にかけて大阪が繁栄した「大大阪(だいおおさか)時代」へのノスタルジーもあるのではないだろうか。当代の鴈治郎さんは平成27年に四代目を襲名、精力的に上方歌舞伎の隆盛に力を尽くしている。「大阪の人は僕が歩いていると声をかけてくれる。それがうれしいなあ」。温かな笑顔は、まさに大阪の顔。   (聞き手 編集委員・亀岡典子)

     ◇

 大阪・道頓堀の松竹座「七月大歌舞伎」で27日まで上演中の「色気噺お伊勢帰り」。ちょっととぼけた左官の喜六(鴈治郎)と二枚目の大工、清八(中村芝翫(しかん))コンビが巻き起こす騒動に場内は笑いの渦となった。松竹新喜劇のレパートリーを歌舞伎に移し替えた新作歌舞伎。鴈治郎さんが自ら企画、取り組んだ作品だ。「昔から、なんで関西には歌舞伎の人情喜劇がないんやろうと不思議に思っていたんですよ。東京には江戸落語をもとにした『人情噺文七元結(にんじょうばなしぶんしちもっとい)』などがあるのに、笑いの本場の関西にはない。ないんやったら作ったらええやんって思ったんです」

「上方のお芝居は人間くさい。そこが深くておもしろい。これからも追求していきたい」と話す中村鴈治郎さん=大阪市中央区の大阪松竹座(前川純一郎撮影)
「上方のお芝居は人間くさい。そこが深くておもしろい。これからも追求していきたい」と話す中村鴈治郎さん=大阪市中央区の大阪松竹座(前川純一郎撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 幸い上方には松竹新喜劇という宝の山がある。歌舞伎化したい作品はたくさんあった。その第1弾が平成17年に初演された「幸助餅(こうすけもち)」。今回が第2弾だ。松竹新喜劇を歌舞伎にするにあたり、新喜劇の黄金時代を築いた藤山寛美さんの娘で女優の藤山直美さんの楽屋を訪ねた。「新喜劇の作品を歌舞伎化させてもらいます」と話したところ、「やって、やって。いくらでもやって」と言われた、と破顔一笑。「上方歌舞伎のレパートリーを増やしていきたい。笑いがあって涙があって、歌舞伎が初めてでも楽しめる作品。それが関西の歌舞伎ファンを増やすことにつながるならうれしい」

 27年に「鴈治郎」の名跡を四代目として襲名して以来、関西への愛着は増すばかり。新しい上方の人情喜劇を創作することもその一つだが、屋号も、東京の「成駒(なりこま)屋」と区別する意味で「成駒家」に改めた。大阪のイベントへの参加依頼や大阪についてのコメントを求められることも多くなった。「それが、鴈治郎という名跡を襲名したということかなあ」としみじみ。

七月大歌舞伎で上演中の「色気噺お伊勢帰り」の一場面。女にもてない喜六(中村鴈治郎(左))と二枚目の清八(中村芝翫)コンビが巻き起こす騒動が笑いのなかに描かれる =大阪市中央区の大阪松竹座(松竹株式会社提供)
七月大歌舞伎で上演中の「色気噺お伊勢帰り」の一場面。女にもてない喜六(中村鴈治郎(左))と二枚目の清八(中村芝翫)コンビが巻き起こす騒動が笑いのなかに描かれる =大阪市中央区の大阪松竹座(松竹株式会社提供)
その他の写真を見る(2/5枚)

 実は鴈治郎さんは東京育ち。父は文化勲章受章者で人間国宝の坂田藤十郎さん、母は元参議院議長の扇千景さん。京都生まれだが、幼い頃、東京に引っ越した。大学は慶応。普段の言葉も標準語だった。だが曽祖父の初代鴈治郎以来、代々上方の顔として活躍する成駒家に生まれた運命は、上方歌舞伎への思いを深くしていく。「上方歌舞伎に出てくる二枚目は色男であっても三枚目の要素があって人間くさい。お芝居もリアルで写実的。そういうお芝居に引かれますね」

(次ページ)襲名を機に大阪に…実は母・扇千景の考えで学業を

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ