PR

ニュース プレミアム

【衝撃事件の核心】遮断機上がった踏切に作業車が…あわや大惨事の原因は?

その他の写真を見る(1/3枚)

 警報音が鳴りやみ、遮断機も上がった。何の疑いも持たずにタクシーが踏切を渡ろうとしたその瞬間-。大阪市住吉区の南海電鉄高野線の踏切で5月の深夜、列車とタクシーが衝突する事故が発生。列車は乗客を運ぶ営業用でなく、作業用だったため速度が遅く、運転手は軽傷で済み、ほかにけが人もなかった。一歩間違えれば大惨事となっていた事故はなぜ起きたのか。

いるはずのない列車が…

 大阪市住吉区沢之町の住宅街を通る府道、通称「あべの筋」。5月23日午前1時45分ごろ、この道を走行していたタクシーが、遮断機の下りた踏切の前で停車した。すでに終電は終わっていたが、そのときは設備のメンテナンスなどをするための作業列車が近づいていた。

 しばらくして遮断機が上がった。男性運転手(68)がいつものように線路を渡ろうとしたところ、突然右手から作業列車が迫ってきた。

 そのまま衝突し、運転席のドアは大破。幸いなことに運転手は首などに軽傷を負うにとどまった。乗客もおらず、作業列車に乗っていた作業員2人もけがはなかった。大阪府警は業務上過失傷害の疑いもあるとみて捜査している。

電圧上がり“誤解”

 なぜ、列車が通過する前に遮断機が上がったのか。

 南海電鉄によると、線路には常に電気が流れ、電圧がかかっており、踏切は線路とつながった回路で電圧を自動的に感知している。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ