PR

ニュース プレミアム

東野、ほんこんがABC「正義のミカタ」を語る! “パヨク”とたたかれ、ほんこん「右でも左でもない!」

MCの東野幸治(左)と、パネリストのほんこん
MCの東野幸治(左)と、パネリストのほんこん

 放送から6年目に入ったABCテレビのニュース情報番組「教えて!NEWSライブ 正義のミカタ」。政治や経済、国際情勢などのニュースを、「各分野のスペシャリストがわかりやすく解説する」という関西ローカルの人気番組だ。司会進行が好評の東野幸治と、歯にきぬ着せぬ発言がインターネット上で注目を集めるほんこんが、番組の魅力や裏話とともに、「今の日本」について語った。

■いろんな意見があっていい

--番組出演について

東野 授業料払って勉強しないといけないところを、ギャラをもらって勉強できるなんて最高やと。東京で後輩に「いや~、米中貿易戦争、大変やなぁ」なんて言ったりして、専門家の先生方の受け売りを披露できる(笑)。

ほんこん 放送当初は芸能ネタもあったんですが、途中から政治の話が多くなった。収録が終わる度に、「日本はもっと考えなあかん!」という気にさせられる。

東野 いろんな意見があっていい。専門家の意見や他人の意見に賛同する必要もないし、誰が正しいと決める必要もない。

--ほんこんさんは海外リポートも。

ほんこん これまで、韓国と対馬列島とハノイ(ベトナム)に行きました。海外に出ると日本人がおとなしいというのがよくわかります。ハノイでトランプ(米)大統領の会見場へ1人で行かされたときも、海外の記者の強引さにはびっくりしましたよ。

■ネットで話題、ほんこん「僕は右でも左でもない!」

--ニュース番組には前から興味を?

東野 なんとなく興味はありました。テレビから流れてくるニュースに「おかしいな」とか「この国ちょっとズルいな」とか「A国とB国の関係、大丈夫かな」とか…。番組では、あらゆるジャンルの専門家が、背景や現状を分かりやすく掘り下げてくれる。いろんな意見が飛び交うことで、いろんな「ミカタ」があると気づかせてくれた。

ほんこん 僕も疑問に思ったことやおかしいと思ったことを素直に発言できる。専門家の先生たちが修正してくれる安心感があるから言いたいことが言えますね。

--ほんこんさんの発言はしばしばネット上で話題に

ほんこん 僕の思うところとは違うように受け取られると、「そんなことを言ってるのとちゃうねんけどな…」とは思いますが、ネットはルールのない世界ですから、そこで反論はしません。ネットで「右や」「パヨクや」「ネトウヨや」とよくたたかれますが、僕は右でも左でもない。ただ間違っていることは間違っている、ずるいことはずるいと言っているだけ。なぜこうなったのかという原因を突きつめるために歴史を勉強します。ネットなどで調べるだけじゃなく、議論もします。いかに共存共栄するか考えていけたらいいなと思ってます。

■日本という国があるからこそ

東野 ほんこんさんは、居酒屋で個人的に「正義のミカタ」をやってるみたいですよ。僕はそろそろ、ほんこんさんに関西の夕方のニュース番組から声がかかるんちゃうかなと思ってるんですけど…。坂上忍さんや古市憲寿さんみたいに本音をズバズバ言う人が人気者になっていくのを目の前で見てきたからね。いよいよ、正論を吐くほんこんさんの時代が来たと思ったけど…。

ほんこん 僕、放送禁止用語とか言ったことないですよ。差別主義者でもない。人間みんな平等。僕は太陽のように善人にも悪人にも照らす。とにかく反対の意見聞くなら賛成の意見も聞かなあかん。もちろん、その逆も。

東野 ほんこんさんは昔からぶれてない。常に日本のことを考えている。

ほんこん 僕らが番組でこうしていられるのは日本という国があるからでしょ。昔からずっとそういう思いがあったんです。こんな幸せな国で生まれたから今がある。

--番組では海外の話題も多い。

ほんこん 番組は、日本という国や置かれている状況、国益、内政のことを分かりやすく解説する。先生方もバランスよくキャスティングされている。専門家同士の議論で話が難しくなるところを、僕らが質問することで視聴者も理解しやすくなるような気がします。

東野 この前、ベネズエラを取り上げた放送回があったんですが、(打ち合わせで)「ベネズエラやるんですか?」ってびっくりしました。土曜の朝、関西でベネズエラの話なんて、視聴者はどう見るんやろうって。

ほんこん でも、ベネズエラの背景に大国があることとか、いろんなことが分かって勉強になったわ。歴史もわかるし、子供にも見てもらいたい。

■CM中に「貴様-!」と怒鳴りあうことも

--生放送ならではのことはありませんか

東野 議論が白熱しているときにCMに入ると、先生方が怒鳴りあったりすることはあります。収拾がつかなくなるとスタッフは困ってるかな。先生方が興奮しているということは、それだけ真剣にしゃべってるということ。

ほんこん 討論番組やったら1時間半で収まれへん。

東野 (CM放送中にスタジオで)先生方が盛り上がり、たまに「貴様-!」って叫んでますもん。でも、その人その人の「ミカタ」を聞く。だからその人個人の意見であって、局の意見ではない。

■世の中が平和になれば、番組が終わればいい

-- 若い世代に新聞離れ、テレビ離れが進んでいます。

ほんこん 学生さんにこの番組を見てもらいたい気持ちはあります。ちょっと時間を割いて「ミカタ」を変えれば面白いと思うんですよ。これもシミュレーションゲームと思って見てもらえたら。

--番組は5周年を迎え、6年目に突入しました。

東野 これからもずっとやっていけたらいいですね。

ほんこん そうですね。世の中が平和になったときに、終わればいいと思います。

     ◆

 「教えて!NEWSライブ正義のミカタ」は毎週土曜日午前9時半~11時放送(関西ローカル)。MCは東野幸治、アシスタントは加藤明子ABCテレビアナンサー。パネリストは海原ともこ(海原やすよ・ともこ)、ほんこん、桧山進次郎、中間淳太(ジャニーズWEST)ほか。「正義の味方」として評論家の宮崎哲也氏、京大大学院教授の藤井聡氏、元大蔵官僚の高橋洋一氏はじめ、放送テーマに沿って立命館大客員教授の宮家邦彦氏、大阪市立大教授の朴一(パク・イル)氏、朝鮮問題専門家の辺真一氏などさまざまな分野のスペシャリストが出演する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ