PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】竹村健一さん死去「大変ショック」

そして、同時に共存共栄をどのように東京として図れるかということも考えていきたいし、実行もしていきたい、このように思います」

 --急発進防止装置のことでお尋ねをしたいんですが、こちら、結局、予備費をお使いになるということでよろしいでしょうか

 「はい。そのとおりです」

 --予備費をお使いになるということで、一部の会派からは、3定でしっかり議論をしてからでも遅くないのではや、予備費を使うことの是非など、意見があるみたいですが、その点はどう思われますでしょうか

 「やはり、まずスピード感を出していくということで、予算の計上というのは、やはり、この後、審議をへてという話になりますと、その分、また時間もかかってしまいます。よって、ここは予備費で、まず、しっかりと皆さんのやる気というか、今、そういうお気持ちになっている方、非常に多いかと思いますので、それに間に合うようにできるだけ早く対応したということでございます」

 --高齢者の安全運転支援装置の件で1点伺いたいんですが、高齢ドライバーの事故が増えていることと、知事が先月、乗車体験され呼びかけられたこともあって、今回取扱業者として指定されているところでも数カ月待ちという状況があるそうなんですが、その中でこういう制度が開始して、さらに殺到することは、在庫上は厳しいんじゃないかという声も上がってはいるんですが、そういった業者とのすり合わせというのは、もう既に済んでいるというご認識なんでしょうか

 「先程私からも申し上げましたように、補助制度を待つこともなく自らお付けになっている方がおられるという点、指摘させていただきました。それも含めてまず7月31日(水曜日)からの応募とさせていただき、そして、実際に取り付けられるか否かということなどもチェックをしなければなりません。そういったことも含めて、7月31日(水曜日)のスタートで、今日、皆さんにお伝えいたしました7社の皆様がそれに対応してくださるということであります」

 --その7月31日(水曜日)から始まる相談受付の手法というか、お店に実際行かなければならないのか。あるいは、電話、ネットなどで申し込めるのかというのは、各々の業者に任せるということになるんでしょうか

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ