PR

ニュース プレミアム

【小池知事定例会見録】竹村健一さん死去「大変ショック」

会見に臨む東京都の小池百合子知事=12日午後、都庁
会見に臨む東京都の小池百合子知事=12日午後、都庁

 《7月12日午後2時から都庁会見室で》

 【知事冒頭発言】

 「私からは6本ございます。その前に、今日のお花、梅雨の中にとてもフレッシュな色を添えてくれています。こちらは西多摩郡瑞穂町、瑞穂農芸高等学校の学生さんが作ってくれました。1本目が、まず、おわびを申し上げなければならない点でございます。既に報道されておられますように、昨日、都が公正取引委員会より改善措置要求を受けました。この件についておわびを申し上げます。都の浄水場の排水処理に関する委託に関して、複数の水道局職員が情報漏洩(ろうえい)を行っていたということで、昨日、都は公正取引委員会から官製談合防止法に基づく改善措置要求を受けたところでございます。情報漏洩などの不正行為については、言うまでもございません。決してあってはならないこと。そして今回このような改善措置の要求を受けたことにつきましては、私としても極めて遺憾に存じます。心よりおわびを申し上げます」

 「既に水道局では、これまで明らかとなった事実を踏まえまして、再発の防止に取り組んでおりますけれども、今後さらに事実関係を精査いたしまして、関係職員、事業者に対しましては厳正に対処するということであります。それとともに、副知事、関係局長をメンバーといたしまして、『汚職等防止部会』を早急に開催いたしまして、さらなる再発防止を図りますよう指示をしたところでございます。今後このようなことが二度と起こらないように、全庁挙げて取組を進めてまいります」

 「2つ目は、以前よりお伝えいたしております高齢者の安全運転支援装置、いわゆる後付けの急発進防止装置に関しての補助制度の開始についてのお知らせでございます。高齢ドライバーによるアクセルそしてブレーキの踏み間違い事故が、全国で多発しまして、大きな社会問題となっていることは言うまでもありません。こうした事態を受けまして、先の議会で踏み間違いのときに、急発進を防止する装置の取付補助を実施する方針を表明いたしました。この間、どのような形でという検討を重ねてまいりまして、今回、その詳細が決まりましたので、お知らせするものであります。この補助制度ですが、まず、都内在住、そして令和元年度中に70歳以上となる高齢運転者の方が1割の負担で装置の設置ができるように補助を行うものであります。相談や受付の開始日は7月31日(水曜日)から。そして、緊急対策でございますので、それを後押しする形で9割は都が持って、ご本人は1割負担という、このような割合にしているのは、まさしく緊急対策という意味合いを強めるものでございますけれども、来年の8月31日までのものといたします」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ