PR

ニュース プレミアム

いいね!「すこサイダー」ツイッターで話題

ツイッターから人気に火が付いた「すこサイダー」=福井県大野市
ツイッターから人気に火が付いた「すこサイダー」=福井県大野市
その他の写真を見る(1/3枚)

 福井県大野市の大野商工会議所が開発した地サイダー「すこサイダー」が、取扱店を急増させ、販売数を伸ばしている。4月の発売当初、取り扱いは大野市内の4カ所だけだったが、県内の土産店や高速道路のサービスエリアに拡大すると、県外にも飛び出し、東京・銀座の福井県のアンテナショップ「食の國福井館」など計33カ所に広がった。売れ行きも6月末までに約7千本を販売と好調なのだが、いったいなぜなのか。秘密は「すこ」のネーミングにあった。

福井県民なら知っている?!

 「すこ。」と書かれ、サトイモの葉をイメージしたハートを描いたラベルが特徴的な「すこサイダー」。開発は平成29年にスタート。大野市は荒島岳など千メートル級の山々に囲まれた盆地で、地下に雪解け水をたっぷりと蓄える名水の里と知られる。この水をPRしようと同商議所が企画。実行委員会を組織して検討を重ね、各地で作られる地サイダーに注目した。

 そのサイダーの味として採用されたのが「すこ」だった。

 実は「すこ」とは福井の郷土料理。サトイモの一種「ヤツガシラ」の芋茎(ずいき)の酢漬けだ。保存食として親しまれてきた。芋茎には赤い色素が含まれ、漬け汁は赤く染まる。リンゴ酢を炭酸で割って飲むイメージで、酢漬け「すこ」とかけ合わせており、すこサイダーはほんのりとしたピンク色と、さわやかな酸味が加わっている。

 だが、課題は漬け汁の配合割合だった。開発を担当した同商議所の高田龍佳主幹は「初めは本当に飲めるのかという出来だった」と振り返る。湧き水を使った炭酸水はおいしく仕上がったが、漬け汁が多いと強烈な酢のにおいがしたのだ。

 試行錯誤を繰り返し、昨年9月の福井国体で試飲会を行うなどして味を調えた結果、誰にも好まれる仕上がりになった。

ネットが後押し、1万本増産

 「すこサイダー」というネーミングは、ほぼ決まっていたが、ラベル作製に取りかかった昨年秋ごろ、「すこ」がネット用語でもあることを知った。

 ネット用語の「すこ」は、ローマ字入力で「好き」を打ち間違えて書き込みが投稿されたことが発端といわれ、ネット上では、そのまま「好き」という意味で「すこ」が使われている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ