PR

ニュース プレミアム

【大人の遠足】千葉県芝山町 芝山古墳群と埴輪 未発掘地も…新たな発見に期待

周辺の古墳から出土した埴輪を展示する町立芝山古墳・はにわ博物館=千葉県芝山町
周辺の古墳から出土した埴輪を展示する町立芝山古墳・はにわ博物館=千葉県芝山町
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府の百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群が世界文化遺産に登録されることになり、古墳時代への注目が集まっている。実は千葉県は、全国で4番目に古墳の数が多い地域。成田空港に近い芝山町周辺は県内有数の古墳密集地であり、出土した埴輪(はにわ)を展示する博物館もあるなど、古代史好き必見のスポットになっている。

古代史好き必見

 まずは「町立芝山古墳・はにわ博物館」を目指し、成田空港の東側を走る県道62号を南下する。この道路は「芝山はにわ道」とも呼ばれ、道沿いの所々に武人や馬などの埴輪のオブジェが立っている。町によると、国が昭和63年から平成元年にかけて全国の市町村に1億円を交付した「ふるさと創生事業」を活用して作ったものだという。

 緑に囲まれた公園内に建つ博物館には、県内や関東地方で出土した埴輪が地域別に並び、造形や表情の違いなどの特徴を見比べることができる。

 博物館の奥住淳学芸員は「千葉県には約1万3千基の古墳があり、数の多さでは全国4位。古墳時代から河川や湖沼が多く、水に恵まれ豊かな土地だったので、11の国造(くにのみやつこ)が分布するなど豪族が多かった」と解説する。町内の古墳は現存するものが99基。現在は消滅したものを含めると、計280基の存在が確認されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ