PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】「令和パンダ」菅官房長官 参院選で進次郎氏に迫る広告塔に

 さらに、北海道(同3)は自民から前知事と元道議の2人の新人が出馬しているが、菅氏は知名度で劣る元道議のてこ入れを図った。元道議の陣営幹部は「知名度が高い菅氏に応援に入ってもらうのはありがたい」と謝意を口にする。

公明候補にもてこ入れ

 菅氏は公明党候補の応援にも力を入れている。もともと党の支持母体の創価学会幹部と太いパイプを持つことでも知られているが、特に苦戦が伝えられる兵庫(同3)には、公明候補の応援に2回も入った。

 兵庫の自民候補の陣営からは不満も漏れるが、公明関係者は「兵庫は自公協力の象徴ともいえる選挙区で他にも影響する。菅氏はそれを分かって応援に入ってくれるのだろう」と期待を寄せる。

 菅氏は最終盤まで、激戦区を中心に遊説を続ける予定だ。これまで、自民党内では応援演説に首相や小泉進次郎厚生労働部会長の引き合いが強かったが、菅氏が新たな広告塔に躍り出たともいえる。菅氏は「(人気が)すごい」と周囲に漏らしているといい、こうした状況はまんざらでもないと感じているようだ。

 菅氏は「ポスト安倍」候補に取り沙汰されることは「一時的なものだろう」と述べ、野心をみせようとはしない。しかし、今回の遊説を通じて菅氏の知名度が有権者にさらに浸透していけば、次期首相の座が近づくかもしれない。

(政治部 中村智隆)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ