PR

ニュース プレミアム

「中国と同じ流れに…」国籍変えて五輪へ 卓球・浜本“流出”の波紋

モデル活動もするなど人気選手だった卓球元日本代表の浜本由惟=2018年8月、東京都港区
モデル活動もするなど人気選手だった卓球元日本代表の浜本由惟=2018年8月、東京都港区

 五輪が持つ魔力は、アスリートに国籍を変えることすら決断させてしまうのだろうか。卓球女子の元日本代表、浜本由惟(20)=木下グループ=がオーストリア卓球協会へ移籍し、国籍変更も希望していることが判明し、関係者に波紋を広げている。3年前には日の丸を胸に世界選手権にも出場した浜本だが、今後、日本での代表復帰は難しいと判断したからだという。卓球王国の中国では、代表に漏れた選手の“海外流出”が続発。皮肉にも、若手が次々と台頭する卓球ニッポンの層の厚さを示した格好だ。 (岡野祐己)

年下のライバルに押し出され

 浜本の移籍は、日本卓球協会にとって寝耳に水だった。

 今年4月、スロベニアとクロアチアで翌月に開催されるワールドツアーの下部大会に、浜本がオーストリア協会所属としてエントリーしていることが判明。日本協会側が家族に確認したところ、「日本代表になるのが大変厳しいので海外に活路を求めたい」と返事があったという。その後、浜本がオーストリア国籍の取得も希望していることが分かった。

 大阪市此花区生まれの浜本は、日本オリンピック委員会(JOC)が少数精鋭で有望な中高生を育成するエリートアカデミーにも選ばれるなど、早くから将来を嘱望された。期待通りに2016年2~3月に開かれた世界選手権団体戦では福原愛さん(30)や石川佳純(26)=全農=らとともに、銀メダル獲得に貢献。その年の12月にはワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルの女子ダブルスに早田ひな(19)=日本生命=とのペアで出場し、日本女子2組目となる優勝も果たした。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ