PR

ニュース プレミアム

【スポーツ異聞】原との女子ゴルフ黄金世代対決を制した渋野 初の海外メジャーへ

 「今年の目標は来季のシード権獲得。それが、サロンパス杯に勝ったことで、3年シードが手に入って、何を目標にすればいいのかな、って」いうのだ。悩んだ末に青木翔コーチと話し合い、「優勝賞金を除いての賞金でシード権内に入ることを目標」に定め、「一試合一試合、一打一打集中していく」ことを心がけることになったという。

 その結果、6月のニチレイレディースで優勝以来の初の1桁順位となる7位に入り、そしてアースモンダミンカップでも4位とステップアップ。全英切符を手にした。7日までの資生堂アネッサ・レディースではツアー2勝目を手にした。

 ちょうど1年前のアースモンダミンカップで、ホールインワンを達成した渋野だが、さほど注目された選手ではなかった。あれから1年。2度目の挑戦でプロテストに合格し、今や“黄金世代”の中でも、原、勝みなみらとともに、世代のトップランナーとしての地位を確立した。ゴルフ関係者は「渋野がここまで伸びるとは思わなかった」と打ち明ける。

 タイで合宿をしたことがあるという渋野だが、欧州行きは初めて。「世界トップレベルの選手の練習やプレーを見て、これからに生かしたい」と決意を口にした。一皮むけた渋野の全英でのプレーに注目だ。(運動部 江目智則)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ