PR

ニュース プレミアム

【政界徒然草】わずか1日で終わった改憲議論、止めているのは誰か

参院選を控えたインターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の党首討論会で、国会での憲法改正議論のあり方について議論する(左から)立憲民主党の枝野幸男代表、安倍晋三首相(自民党総裁)、国民民主党の玉木雄一郎代表=6月30日、東京・六本木(納冨康撮影)
参院選を控えたインターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の党首討論会で、国会での憲法改正議論のあり方について議論する(左から)立憲民主党の枝野幸男代表、安倍晋三首相(自民党総裁)、国民民主党の玉木雄一郎代表=6月30日、東京・六本木(納冨康撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 6月26日に閉会した通常国会では、衆参両院の憲法審査会がほとんど開かれず、改憲議論は行われなかったに等しい。誰が議論を止めているのか。主張は与野党で食い違う。7月4日に公示された参院選は、改憲議論に臨む各党の姿勢のあり方が争点の1つになる。

 6月30日のインターネット中継動画サイト「ニコニコ動画」の党首討論会は、この問題で紛糾した。

 立憲民主党・枝野幸男代表「(憲法改正を問う国民投票運動時の)CM規制について、さらに参考人を呼んで議論を進めましょうという話を拒否しているのは与党だ」

 <現行の国民投票法には賛否を訴えるCM費用の上限規制がない>

安倍晋三首相(自民党総裁)「私が聞いているのはまったく違いますね。私たちはCM規制についても議論したいと考えている」

枝野氏「え!それは嘘の報告を受けていますよ」

司会「枝野さん、国会と違ってやじはやめて…」

首相「私たちは(自民党独自の改憲案を)お示ししているのだから、反対なら反対の議論をしていただきたい。国民からすると何をやっているんだという感じだと思う。それぞれの考え方を示して議論すればいい」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ